中学生男子、実は秘密の手放せないもの…それはイヤイヤ期から始まった

泣いている男の子

イヤイヤ期、過ぎてしまえば「そんなこともあったねえ」と言えるものかもしれません。でも、毎日付き合うママは大変!!

今日は「そのこだわりは何?」とビックリしてしまう頑固エピソードを集めました。

驚いたことに、〇〇が今も手放せないお子さんも…

イヤイヤ期だからか? 性格なのか? 究極のこだわり

現在2歳半でイヤイヤ期真っ最中の我が息子。

元々頑固なのですが、最近そこに自分なりのこだわりが加わってわけのわからないことになっています。

食事に使うエプロンも自分で外して、「ママどーぞ」と渡してくれるのはいいのですが、それを受け取る際に、

(1)必ずポケットを左手でつかむこと
(2)右手はエプロンの端っこ1cmあたりをつかむこと

この2つのルール(勝手に彼が決めたものですが)を私が守らないと、息子は泣いて怒ります。

他にもおみそ汁の具は絶対豆腐以外口にしなかったり、靴を履くときは必ず右足から履かせないと怒ったりと、いつまでこんな日々が続くの?、と母は途方に暮れています。

まさかのパンツなし?

息子が2歳半ごろ、トイレトレーニングを始めたころのこと、たまに失敗して漏らして濡れるが嫌だったのでしょう。

ある日、突然パンツを履くことを頑なに拒否するようになりました。

「お兄さんパンツかっこいい!」とどんなに褒めてもダメで、オムツがあるから良くないのかと思い、オムツを隠し「パンツしかないよ」と言いました。

すると、息子はなんとパンツを履かずにズボンを直接履いてしまいました。しかもその後もパンツ履かずにズボンだけを履いて過ごすようになりました。

なんだか可哀想になり、結局オムツを履かせることにしました。

あれから2年が経ち今は4歳ですが、あの頃の事が嘘のようにちゃんとパンツを履いています。

中学生男子、実は秘密の手放せないもの…

2才くらいから何故かぬいぐるみとタオルが大好きでそれがないと寝られなくて、いつもそのタオルとぬいぐるみを抱っこして寝ていました。

ある日幼稚園のお泊まり保育でさすがに年長になった息子は持って行かないとは言ってたものの無いと眠れないかなと思いぬいぐるみはさすがに怒るかなと思いタオルだけは鞄に入れておき、先生にはタオルが入っていることを伝えておきました。

次の日先生に聞いたらなかなか眠れない様子だった息子に先生はそっとタオルを枕に敷いてくれたそうで息子もその後安心して眠ったそうです。

そんな息子ももう中学ですがいまだに秘密ですがぬいぐるみとタオルは離せない様子‥‥

ただ、息子は合宿に行っておりますがタオルとぬいぐるみは置いて行きました、眠れてるのか心配(笑)です。

イヤイヤ期はやっぱり『お風呂拒否!』

もうすぐ5歳になる長男はなかなかの頑固もの。2歳のイヤイヤ期はすごかったです。

不思議だったのがたまに来るお風呂イヤイヤ期です。それが大人の力をもってしても大変な嫌がりようなんです。

初めて嫌になった時は「風邪をひいた時」でした。それまでは「お風呂入るよー」と言えば来たのに、近寄らない。断固拒否!それを期にしばらくイヤイヤ期で入れるのにとても苦労しました。

2度目は2人目を産んだ後でした。これは仕方ない部分もあるのかなとも思いつつ、毎日次男がギャン泣きしてる中怒鳴って怒鳴って怒鳴って…(笑)服を脱がせることも出来ず、最後には宙吊りでズボンを脱がせたりしたくらいです。

今はすっかりお兄ちゃんでお風呂から呼べば来てくれます。本当に成長したなぁと思います。

▼こちらの記事もおすすめ
2~3歳児に多い!?ぬいぐるみを手放さない子供の心理と対応方法は?|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします