【運動・発達】1歳(前半):楽しく足の力をつけよう!バランス遊びやお散歩

1歳の1年間は、運動能力面についても大きな成長が見込まれる時期です。

1歳になりたての頃にはまだひとりでのたっちが不安でも、この一年でしっかり歩くことができるようになるでしょう!

今回は、たっち~一人歩きがじょじょにできるようになってくる1歳(前半)の運動遊びについてお伝えします。

該当月齢でも、すでに一人歩きが十分でさまざまなことに好奇心旺盛の場合には、次のステップである『 1歳(後半)の運動遊び』も参考にしてみてくださいね。

おうちで楽しいバランス遊び!パパの背中・ママの足に乗ってみよう!

ファーストシューズ

赤ちゃんには、親子でスキンシップをとりながら楽しむことのできる“触れ合い遊び”をたくさんやってあげたいですね。

しかし、この時期の子どもは、仰向けやスローな動きだけでは物足りなくなっていることも多いでしょう!

そんな時には、親子で触れ合いながら赤ちゃんの運動・バランス能力も鍛えられる遊びにチャレンジしてみてください!一人でのたっちが安定した頃からがおすすめです!

パパ山に登ろう!

<遊び方>

パパにうつ伏せに寝てもらい、赤ちゃんはパパの背中の上を歩きます。(パパとママは逆でもOK)

① ママが赤ちゃんの脇を抱えながら赤ちゃんをパパの腰のあたりにたっちさせます。

 ポイント:床とは違った柔らかさや不安定さを楽しんでみましょう😊!

② その後は、肩甲骨あたりまで前進してみたり、たっちの難易度が高い“おしり山”にも挑戦してみましょう♪

足の橋を渡ろう!

赤ちゃんと二人でもできる、「パパ山に登ろう!」に似た触れ合い遊び「足の橋を渡ろう!」をご紹介します。

<遊び方>

① ママ(パパ)は足を真っ直ぐ伸ばして座り、赤ちゃんの脇を抱えその上に立たせます。

② 赤ちゃんはその上を行ったり来たり、楽しんでくれますよ♪

子ある日和読者プレゼント:高評価グルメレストランのクーポンを2組様に!!記念日やママ会に…

靴を履いて、お散歩を楽しもう♪

子供

また、赤ちゃんがヨチヨチと少しずつ歩けるようになってきたら、いよいよあんよでのお散歩デビューですね

この頃には赤ちゃんにぴったりのファーストシューズを用意してあげ、手をつないで一緒にお散歩に出かけてみましょう。

もちろん、最初は長距離は難しいので、家の周りやショッピングセンター内等を少し歩く程度にし、お天気の良い日やお出かけをした際に繰り返しお散歩の習慣をつけてあげると良いですね。

その際、短距離といっても、何度も座り込んでしまったり疲れてしまうこともあるので、念のため抱っこ紐も持参しておくと安心です。

この時期のお散歩は「足を鍛えなきゃ!」「一人で歩けるようにしなきゃ!」と気負うのではなく、ママも赤ちゃんもお散歩を楽しむということを目的にして、気分転換や生き物や自然を楽しむとよいでしょう。

もし赤ちゃんが嫌がったら「じゃぁ今日はベビーカーにしようか」「頑張ったね、もう帰ろうか」と促すなど、赤ちゃんにとって靴を履いてのお散歩がポジティブな経験になるよう努めてあげてくださいね!

大好きなパパ・ママと触れ合いながら、少しずつ行動範囲も広がっていく。

この時期は、これまで室内での生活や遊びが中心だったお子さんがが、外でたくさんの経験をしていくために基礎となる感覚や歩く楽しさを伝えてあげたい時期です。

ぜひ、パパ・ママは、今だけの可愛いヨチヨチ歩きを応援してあげてくださいね!

原稿協力:piyomama
保育士をはじめ、乳児~小学生の先生経験を活かして執筆活動中。1児(男の子)のママ。

piyomamaさんのブログ ― 『ゆる育児のご提案』元保育士ママライターのブログ

▼こちらの記事もおすすめ
一歩進んだ成長の証、靴デビュー!ファーストシューズはどんなものが良いの??|子ある日和
【運動・発達】1歳(後半):ジャンプはできるかな?楽しい運動遊びで足の力を鍛えよう!|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします