女の子の初節句って、どうお祝いすればいいの?

ひなまつり

3月の雛祭りは、女の子のお祝い事です。

そして、初節句とは、お宮参りをした後の最初の雛祭りのことを言います。

よって、2月生まれの子の場合はお宮参りの前に、3月3日を迎えるので翌年が初節句になります。

雛祭りと言えば、雛人形を飾る・ハマグリのお吸い物を頂くイメージが強いですが、初節句の場合は、他にどのようなものを準備し行えば良いのでしょうか?

意外と知らない初節句のやり方についてご紹介いたします。

雛人形を飾る

ひな人形

雛人形は、自分の人形をおさがりとして譲るのは、あまり良くありません。

雛人形は、赤ちゃんの身代わりとなって、様々な災いから赤ちゃんを守ってくれる、お守りのような存在なので、その子だけの新しいお人形を用意してあげるのがベストです。

飾るタイミングは、3月3日の直前に飾るものではなく、立春から2月中旬にかけて飾るのが良いと言われています。

豆まき(節分)の翌日が「立春」と覚えておくと毎年忘れずにすみますよ!

特に、『立春』または『雨水』と呼ばれる日に飾ると、良い伴侶に巡り合えると言われています。

前日になって慌てて準備することがないよう、天気が良く日取りの良い日を選んで飾りましょう。

食事

ひなあられとお茶

実は、食事において特に決まった形式はありません。

ちらしずしやハマグリのお吸い物・ひしもち・ひなあられ・白酒などが定番です。

ハマグリには、元々合っていた2枚の貝殻以外は絶対に合うことがないため、『1人の男性と添い遂げられますように』という意味があります。

ひしもちは、ひし形が心臓の形を意味していて、緑・白・ピンクの順に、大地・雪・桃の花を表し、新しい命が芽吹く新春の風景を模しており、健康を願う気持ちが込められています。

両親や祖父母・親しい身内を呼んで食事を囲み、お祝いをしましょう。

神社へお参りする場合

水天宮

初節句は両親や身内でお祝いすることで充分ではありますが、神社へのお参りもできます。

神社に祈願、祝詞をお願いする場合は、事前に問い合わせておくと安心です。

神社への謝礼としておさめる玉串料(または初穂料)は3,000~5,000円くらいが目安です。

衣装は新しいものを準備する必要はなく、お宮参りやお食い初めで使用したものを着ても問題ありません。

生まれてから1歳の誕生日までの間にお祝い事が多いので、初めのうちに赤ちゃんの和装を準備しておくと無駄がなくて良いですよ。

赤ちゃんが期限の良い時間帯を選んであげるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。

一番大切なのはお祝いする気持なので、子供の健やかな成長を願って楽しくお祝をしてあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします