子どもが映画を楽しめるようになるには?映画館デビューは何歳から?

映画
ママが映画好きだと、赤ちゃんを産んだとしても映画館に行きたいもの。
ただ、赤ちゃんが館内で泣くと、ママも大変です。そのため、諦めている人も多いはず。
子どもが映画を楽しめるようになるのは、一体、いつからなんでしょうか。

赤ちゃん連れができる映画館も!

喜ぶママ
実は、生後まもなくの赤ちゃんを連れてきてもいい映画館は多いです。
赤ちゃんと一緒に楽しめる映画館で有名なのは、TOHOシネマズのママズクラブシアターでしょうか。
MOVIXのほっとママシネマもあります。
全国のシネコンでも多いので、地方の映画館を調べるともっとありそうです。

これらは、赤ちゃん連れOK、上映中は、ちょっと騒いでもOKとうたっている映画館です。
ベビーカーの乗り入れができる映画館もあり、これなら、産後から一緒に映画を楽しめますね。
映画を見るには託児サービスがないとムリと思い込んでいたママは、このサービスなら行けるかもしれませんよ。

何歳からが適当?子どもが映画館で楽しめる年齢は?

はてなマーク
子ども向けのアニメなどの映画の前売り券を見ると、親子入場チケット、子どもの入場チケットの金額が書いてあります。
例えば、子ども料金が2歳から○円と書いてある場合は、2歳以上は1人前として料金を払っていることがわかります。
親の立場としては、子どもが映画のストーリーを理解して楽しむかが重要ではありますが、映画館側としては、「対象年齢○歳~、○歳以上は○円」といったように明記していることもあるので、参考にしてみてくださいね。

どのくらいなら許される?映画館内の私語は?

しーっとする女の子
もし、幼稚園に通う前なら、平日に見に行くなどすると、人が少ないので比較的リラックスしつつ見ることができるかもしれません。
また、自由席だと、騒いだりしたら外に行くなど、席を移動できるのでいいですよね。
もちろん、小学生や中学生になったとしても、上映中に話声が大きかったりすると周囲から嫌な顔をされます。
結局のところ、年齢ではなくてマナーの問題なのがわかります。

こうしてみては?映画館デビュー

アドバイス
上映回数は少ないものの、もし、映画館デビューをしたいのなら、最初は赤ちゃんと一緒に楽しめるママズクラブシアターやほっとママシネマなど、「上映中は少し明るい」「子どもの声がしても大丈夫」「赤ちゃんの泣き声も許容してくれる」映画上映に行くのがおすすめ。
そして、少しずつ慣れていって、「映画の上映中は静かにできる」ことを約束できるようなら、1人前の映画館に行くのはいかがでしょうか。

最初から暗い映画館に行くと、大きな子でもドキッとするもの。
最初は抵抗のないものからはじめてみましょう!
面白そうな映画があれば、親子で一緒に楽しみたいですよね。
赤ちゃんの頃から楽しめる映画館。
思い切って映画デビューしてみると、「できた!」経験がまたひとつ増えてくれそうです。

ad:2・3・4・6歳から始める幼児のためのZ会【お試し教材無料プレゼント!】

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします