気になる子供の感染症。一年間を通した流行りを把握しておきましょう

感染症

保育園に子供を預けているお母さんにとって、一番気になるのが「感染症」です。

冬はインフルエンザ、ノロウィルスが有名ですが、そのほかの季節では一体どんな感染症が流行るのでしょうか?

今回は、1年間を通し、保育園などで流行りやすい“子供の感染症”についてまとめてみました。

春の感染症(4・5月)

冬の感染症が収束する時期であり、春に流行る感染症と言うのはありません。

しかし進級の季節であるため、生活の変化や環境の変化により、体調を崩す子が多い時期とも言われています。

また、最近では子供の花粉症なども問題になっています。鼻水、喉の痛みが見られるようであれば、早めの対処が必要です。

夏の感染症(6・7・8月)

夏は、いわゆる“夏風邪”が流行る時期です。手足口病やヘルパンギーナのように、喉の痛みを伴い、高熱が出る感染症が多いときです。

手足口病

夏風邪の中でも最も多いといわれているのが手足口病です。流行の拡大のピークは7月頃といわれています。

38 度台の比較的低い発熱から発症し、続いて口の痛み、食欲低下などが見られるようになります。手足の発疹については、発症から暫くしてから起こることもあり、ヘルパンギーナとの見分けが難しいこともあります。

熱は2~3日で下がりますが、発疹は3~4日続きます。また、発疹が収まった後、手足の爪がはがれるなどの症状が起こることもあります。

ヘルパンギーナ

手足口病と同じように、口の中に水泡が出来る感染症です。そのため、手足口病との見分けが難しいとされています。

しかし、熱が 39 ~ 40 度と高いことが特徴的です。また、手足に発疹が出ることはありません。急な発熱で熱性痙攣を起こしやすいため、乳幼児の場合は特に注意が必要です。

また、喉の痛みが激しく食欲が減退しますが、熱による脱水を防ぐためにも、定期的な水分補給が大切となります。

アデノウィルス

夏のプールが感染経路とされることが多いため「プール熱」ともいわれる感染症です。

突然 39 ~ 40 度の高熱が出ることで発症します。結膜炎を併発することが特徴的で、目やにや涙がでます。また喉に激しい痛みを感じることが多く、食欲不振にもつながります。高熱が5日前後続くこともあり、子供いとってはとても辛い病気です。

秋の感染症(9・ 10 ・ 11 月)

徐々に乾燥し寒くなる時期です。そのため、喉から来る感染症のほか、一般的な風邪も流行し始めます。

RS ウィルス

秋から増加し、冬にピークを迎える感染症です。

2歳までに必ず1度は感染するといわれていますが、生後間もない乳幼児が感染すると重症化するため注意が必要です。また大人にも軽い風邪程度の症状で感染し、知らず知らずのうちに感染の拡大を招いてしまうこともあります。

熱は 38 度台と比較的低いことが特徴的ですが、喉の症状が悪化しやすく、気管支炎や肺炎に繋がる恐れがあります。呼吸が浅くなったり、咳で夜眠れなかったり、「ぜーぜー」するようであれば、すぐに医師に相談するようにしましょう。

ノロウィルス

嘔吐・下痢を伴う感染症の胃腸炎です。ノロィルスが秋口から冬に掛けて、ロタウィルスが冬から春にかけて流行します。

主な特徴としては、嘔吐・下痢ですが、軽い発熱を伴うこともあります。多いときで一日で 10 回ほど吐くこともあり、乳幼児の場合特に注意が必要です。

嘔吐物・排泄物にウィルスが含まれているため、看病をしているお母さんにも感染してしまうことがあります。嘔吐物や排泄物を処理する場合は、必ずビニール手袋を着用し、処理後は手洗いをするようにしましょう。また、消毒には塩素系の消毒剤をすると良いでしょう。

冬の感染症

インフルエンザ

11 月下旬から 12 月上旬頃に始まり、翌年の1月から3月に掛けてピークを迎える感染症です。この時期、 38 度以上の高熱を発症した場合は、まずインフルエンザが疑われます。

感染の拡大を防ぐためにも、熱が出た場合は、すぐにかかりつけの医師に相談するようにしましょう。高熱のほか、頭痛・全身倦怠感などを伴います。

また大人が感染経路となることも多く、家族間で感染が拡大する傾向があります。

ロタウィルス

秋に流行するノロウィルスと同様、感染症の胃腸炎です。

ノロウィルスに比べ高熱を伴うことが多く、また白色便といわれる白色の便が出ることが特徴的です。

まとめ

以上のように、1年を通し、子供が感染する感染症について紹介させていただきました。

感染症に感染した場合は、殆どの保育園で「登園許可証」などが必要になります。

感染を拡大しないためにも、感染症にかかった場合はすぐに医師に相談し、適切な処置を受けるようにしましょう。

感染症の多くは高熱を発症し、子供の体力を奪います。

仕事を持つお母さんには辛いことではありますが、子供のためにも、きちんとした回復を待ち、登園させてあげるようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします