良いことがたくさん!産褥体操は●●に効果アリ!?

ストレッチする女性
妊娠や分娩に関しては、パンフレットやパパ・ママスクール等の講習会や集いで把握されている方が多いと思います。
しかし、産後の指導を受けていても多忙から実施できなかったり、実施できないのが慢性化して忘れてしまったりするママが多いのが現状です。

今回は、産後のママに向けて、産褥期と何か、産褥体操の効果は何か、日常の活動はどうしたら良いのか等を、看護師をしていたママにご紹介いただきます。

産褥期とは?

クエスチョンマーク
胎盤娩出後から、妊娠・分娩によって母体に生じた変化が回復される産後6~8週間までを産褥期と呼んでいます。
また、この時期にある女性を「褥婦」と呼びます。

産褥体操とは?

疑問に思う女性
産褥体操とは、体の血行を促し、子宮の回復や分娩時に使った筋肉の疲労回復に効果的な体操です。
産褥体操は産後異常がなければ行うことができますが、担当の医師や助産師等の許可が出てから行いましょう。
産褥体操を意識的に産褥体操を取り入れる事で、産褥期の回復を促す事が可能です。

産褥体操の対象者・適応者

分娩や産褥の経過に、異常のない健康な褥婦となります。
医師や助産師に注意や個別指導がある場合は、その指示に従って下さいね。

産褥体操の目的と効果

1.悪露の停滞を防いで、子宮収縮を促します。
2.妊娠、分娩による腹壁および骨盤底筋群の回復を促します。
3.分娩後の筋肉の痛みを取り除き、疲労回復、心身のリラクゼーションを図ります。
4.血液循環を促す事で、下腹部臓器のうっ血を防ぎ、静脈瘤や血栓の形成を予防します。
5.母乳の分泌を促します。

産褥体操の開始時期

1.産褥1日目より、足首の曲げ伸ばしなどの軽い運動から始めます。
2.会陰を縫合している場合、足の上げ下ろしのような縫合部に負荷をかける運動は、縫合部が癒合してから行って下さい。
3.1つの運動を5~6回、2クール程度、繰り返していくつかの運動を適度に組み合わせて行うと効果的です。

腕の上げ下ろし

1.身体と直角になるように、両腕を広げてあおむけになります。
2.腕を垂直に上げて、手を合わせて数秒間、その状態にします。
3.ゆっくり下げて元の1.の状態に戻ります。
4.上記を5回繰り返し、徐々に回数を増やしていきます。

産褥体操の方法は?

ストレッチする女性
下記にご紹介する項目1つでも良いですし、順番通りでなくても問題ありません。
また、組み合わせも自由にされて構いません。
産褥体操で大切なのは、無理なく身体に負担(疲労増強や会陰縫合部の痛み等)の無いようにして、毎日継続して励まれる事です。

複式呼吸

産褥1日目から開始できます。
1.両膝を立てて仰向けになります。
2.鼻孔を広げる感じで鼻から深く息を吸い込み、腹部を上方に広げます。
3.唇をわずかに開けて3~5秒かけてゆっくり強く息を吐き、肺の空気が出き切るまで、腹部の筋肉を引き締めます。

足の曲げ伸ばし/足首の回転

下腿の循環を良くする効果があります。
1.座位または仰臥位で実施します。
 座位の場合は、足を組み動かす足をリラックスした状態にして実施します。
 あおむけの場合は、足の下にクッションを置きます。
2.足首を曲げて、ふくらはぎを伸ばし、それから爪先を下向きにして伸ばします。
3.上記を数回、繰り返します。
4.それぞれの足首がゆっくり円を描くように、最初は時計回りに回し、次に反時計回りに回します。

頭の持ち上げ/起き上がり運動

1.膝を立てて仰臥位になり、腕は両脇に伸ばします。
2.深く息を吸い込み、頭をゆっくり持ち上げる時に息を吐きます。
3.頭を持ち上げたまま数秒維持して、その後、リラックスします。
4.膝を立てて、仰臥位に戻ります。
5.息を吸いながら顎を胸の上に置きます。
6.息を吐きながら、頭と肩をゆっくり持ち上げ腕を伸ばして膝に手が届くようにします。腰はベッド・床に着けたままで、背中のみを上げます。
7.ゆっくりと頭と肩を元に戻してリラックスします。

骨盤の傾斜運動

1.膝を立ててあおむけになります。
2.深く息を吸いながら、ベッド・床に背中を押し付けるようにして、骨盤を傾けます。
3.ゆっくり息を吐きながら、腹部と臀部を引き締め、3~5秒間維持します。
4.元に戻してリラックスします。

両膝を回転/片膝を回転

1.膝を立ててあおむけになります。
2.肩と足の裏はベッド・床に付けたままで、両膝をつけたまま、ゆっくり左側に倒します。
3.スムーズに1.の姿勢に戻り、次は右側に両膝を着けたまま倒します。
4.1.の状態に戻し、リラックスします。これを5回ほど繰り返します。
5.右脚を伸ばし、左膝を立ててあおむけになります。
6.肩はベッド・床につけたままで、左膝がベッドにつくようにっゆっくり右側に倒します。
7.元の体勢に戻します。
8.右膝を立てて、左脚を伸ばします。
9.右膝を左側に倒し、その後、元の体勢に戻しリラックスします。

産後の体の動かし方は?

指さしする女性
産後に過度に体を動かしすぎると、過労に繋がり、不必要な活動制限は身体機能の回復に影響を及ぼす為、適度に体を動かすことが求められます。
産後、どのように体を動かせば良いのかをご紹介いたしますので、ご参照ください。

分娩後2時間まで

子宮収縮不全や、大出血が生じやすい為、安定した状態でベッド上に横たわる姿勢を保ちます。

分娩後2時間以降

心身の状態に合わせて、徐々に体を動かしていきます。
全身状態が落ち着いた時点で早期から座位や立位・歩行を行うことは血液循環を促し、悪露の停滞を防ぎます。

産褥2週まで

自分の身の回りの事や、新生児の世話を行い、直ぐに横になれる環境を作り、それを保ちます。

産褥3週

買い物等の外出や、家事を始めます。

産褥3週

妊娠していない時の生活に戻るようになります。

産褥6~8週

働いている方の場合、職場復帰も可能です。

悪露とは?

クエスチョンマーク
悪露(おろ)とは、産褥期に子宮腔内や産道から排出される分泌物です。
悪露にはどのようなものがあるかをご紹介いたしますので、ご参照ください。

赤色悪露

産褥2~3日は、血液が主成分となる為、赤色です。
通常は血塊が混入する事は少ないです。
一般的に、産褥3日くらいまで見られます。

褐色悪露

産褥3~4日以降で、新鮮な血液は減少して白血球が増加します。
子宮内に貯留していた成分が漿液性浸出液に希釈されて褐色悪露となります。
一般的に、産褥3~9日目くらいまでに見られます。

黄色悪露

産褥2週以降は、更に漿液性成分も原書して、白血球が主体の子宮内膜からの分泌のみとなります。
透明で痰黄色となり、約2~3週間持続します。
一般的に、産褥10日目から悪露消失するまでとなります。

悪露の特徴

産褥4週頃まで持続して、分娩8週後までには消失します。
また、母体の年齢や経産回数、出生児の体重、授乳の有無が悪露の持続期間を左右する事はありません。
また、自然分娩でも帝王切開での分娩でも悪露は生じます。
一般的には、4~6週で消失するのが多いようです。

まとめ

今回は、産後に行うと良いとされる産褥体操と、産後に出てくる悪露についてご紹介いたしました。
出産前にこの記事を参考にしていただけますと幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします