子連れで被災。「役に立ったもの」「あったら良かったもの」

災害時の持ち物

近年、自然災害による恐ろしいニュースを度々見かけるようになりました。地震、大雨、台風、土砂災害の被害、本当に恐ろしいですで。

子供のいるご家庭で、日ごろからやってておきたい防災対策や、東北で被災された方のアンケートから、子連れで避難した際に「役に立ったもの」「あったら良かったもの」をご紹介しています。

防災対策できていますか?

突っ張り棒

自然災害が度々起こる今、その対策グッズがたくさん販売されています。

ホームセンターに行くと『災害対策コーナー』が特設してあるところもたくさんあります。そういうところを見て、自分の家は安全かどうか確認してみるのもいいですね。

自分ひとりでは簡単に逃げることができても小さな子供がいると簡単に動くことはできません。自分の身も子どもの身も守らなければなりません。倒れてくる家具はないか、扉の出入り口にモノを置いて避難の妨げになっていないか確認してみましょう。

自然災害を防ぐことはできません。災害から守るためにできることをしておきましょう。

— 「災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!」より

阪神・淡路大震災や新潟県中越地震などでは、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり、大けがをしました。大地震が発生したときには「家具は必ず倒れるもの」と考えて、転倒防止対策を講じておく必要があります。

  • 家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう
  • 寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。置く場合も、なるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置を工夫しましょう
  • 手の届くところに、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを備えておきましょう

防災グッズ・食料は準備できていますか?

災害がおこると日用品や食料が不足します。

そんな時、少しでも家に備えてあるもので長く生活できるよう準備しておきましょう。

毎日使うものは何か、無いと困るものはなにか、よく考えて生活し備えておく必要があります。

ネットでもどんなものが必要なのか記載してある記事がたくさんあります。いろいろなサイトを参考に自分には何が必要か、小さなお子様がいる家庭では子どもが食べられるもの、飲めるものをしっかり備えておきましょう。

—子まもりプロジェクト|子連れで3.11アンケートより

「子連れで被災。役に立ったもの」

おしりふき / ウェットティッシュ(除菌シート) / ミルクセット / 食べ物(お菓子) / 飲み物 / 寝具 / レジャーシート / 携帯用ミニライト / 母子手帳 / 懐中電灯 / ラップ / プラスチックの食器 / 空のペットボトル / おしゃぶり / おもちゃ

「子連れで被災。あったら良かったもの」

ウェットティッシュ / アルコールハンドジェル / 食べ物 / おんぶひも / キャリーカート / 手動式懐中電灯 / 生理用ナプキン / 薬 / 布オムツ / ベビーカー / ラジオ / 長靴 / 携帯TV / 軍手

※こちらのサイトではほかにも「実際に避難した時に持って行ったもの」や「避難した日のこどもたちの様子」など、参考になるのアンケートが掲載されています。

液体ミルクとは?

赤ちゃん
液体ミルクとは、簡単に言うと「調乳済みのミルク」です。

粉ミルクの場合、粉を熱湯で溶き、その後冷水にて冷ます必要がありますが、液体ミルクではその必要がありません。既に生成されたミルクの状態で紙パックやペットボトルに納められ販売されているため、そのまま哺乳瓶に入れ、赤ちゃんに飲ませることが出来ます。

液体ミルクは、海外では当たり前のように使用されているものですが、日本ではまだ未発売とされています。

まとめ

近年、日常的に起こっている自然災害。少し慣れてきている傾向にあります。慣れは恐ろしいです。災害はおこってから後悔しても遅いのです。常日頃から災害についてよく考えておきましょう。小さなお子さんを守れるのはいつもそばにいるお母さん、お父さんです。防災対策しっかりしておきたいものです。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします