ファスナー、ボタン、靴ひもを遊びながら練習するアイデア

子供

2~3歳になると、自分で服を着たり、靴を履いたりしたがりますね。

ファスナーや、ボタン、靴ひもなどが出来るようになっていれば、お着替えのハードルはグッと下がります。

遊びながら、ファスナー、ボタン、靴ひもを練習できるアイデアを集めてみました。

ファスナーの練習アイデア

ポーチ

子どもにとっては、洋服のファスナーは難易度高め。

左右のファスナーを合わせる(くっつける)のが難しいうえに、大きめの服だと手元が見えません。引き上げる時に下に着た服が引っ掛かかることも・・・。

ポーチのファスナーなど、手元がよく見えるもので先に練習した方がいいでしょう。

お菓子や、お気に入りのオモチャなどを入れたポーチを用意すれば、楽しく練習できますね。

もちろん、お人形の着せ替え遊びを利用してもOKです。

ボタンの練習アイデア


出典:Amazon

Amazonで詳細/クチコミを見る

簡単に出来る、リボンのオモチャの作り方です。

①15~20センチぐらいのシッカリした素材のリボンをたくさん用意します。

②リボンの片方にボタンを、もう片方にボタンホールをつくります。

これだけです。

輪にして遊んだり、繋げて遊んだりできます。

リボンの代わりに、電車や、お花などの形にしてあげれば、可愛さUPです。

自分で作るのが大変なら、練習用のオモチャも売っています。

靴紐の練習アイデア

ハッピークローバー 靴紐が結べるようになるフェルト知育玩具 手作りフェルト教材【ひもとおし 靴ひもとおし】 日本製 fe-himosh
出典:Amazon

Amazonで詳細/クチコミを見る

靴紐の練習用の台紙が販売されています。わざわざ買うのは・・・という場合は、厚紙と手持ちの紐で手づくりするといいですね。靴下を買った時の台紙を使うと簡単ですよ。

紐は、柔らかく断面が平らな平紐を使うのがポイント。固い紐や、断面が丸い紐だと、ほどけ易いので練習には向きません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします