ヒヤリッ…子供に与えた契約切れのスマートフォンはネットに繋がる?

スマホを操作する子供

インターネットのある生活が当たり前になり、多くのご家庭にスマートフォンやパソコンがあるのが珍しくなくなりましたよね。

そして、インターネットは大人だけが使うものではなく、子どもも使うようになりました。例えば、子ども向けの動画を見たり、インターネットを使って勉強したり、使い方は様々です。

このように避けて通ることはできなくなってきた、子供のネットリテラシーについて、親子で考える時間を持つ大切さをご紹介していきます。

契約切れのスマートフォンが子どものオモチャになっていませんか?

ファミリー

子どもは、大人が持っている物を欲しがりますし、大人のマネが大好きですよね。親が毎日使っているスマートフォンに興味を持ち、時には子どもに使わせている、というご家庭もあるかもしれません。

親のスマートフォンを使わせる時は、注意を払っていても、新しいスマートフォンに買い替えたので、古いスマートフォンを子どものオモチャにしてしまった場合、どのように使っているか、注意していない、という方も多いのではないでしょうか。

契約が切れているから、子供が触っても問題は無いだろう、と思われているかもしれませんが、以前の設定がそのままになっている場合など、実はインターネットにつながり、アプリをダウンロードすることが可能な場合があるのです。

ですから、インターネットにつなぐことができる物を子どもに利用させる時は、使い方や使う時のルールを親子で話し合うようにできると良いですね。

インターネットにつながるのはどんな時?

自動的に接続可能なWiFiを検知して接続する設定になっている場合です。その場合、自宅のWiFiや街中のフリースポットでインターネットにつながってしまいます。まずは設定>WiFi>で設定をオフにしましょう。
しかし、お子さんがあちこち触っている間に設定を変える画面に到達してしまうこともあるので、時々チェックした方が安心ですね。

親子でルールを話し合う時に必要なこと

親子

「1日1時間まで」「寝る前は使わない」など、インターネットを使う時の約束を親子で話し合う時に、なぜ、そのようなルールが必要なのか子どもに分かるように説明してあげましょう。

ルールの意味が分からないままでは、「ママは1時間以上使ってるのに…」「パパは布団に入ってからも使っているのに…」と、矛盾や理不尽さを感じて反発してしまいかねません。

お外で元気に遊んだり、絵本を一緒に読んだりしたいから、ネットは1日1時間にしようね」「せっかく眠る準備をした目が、画面の明るさで朝が来た!って勘違いして、眠れなくなっちゃうよ。」と理由を明確にしてあげましょう。

まとめ

子供たちはインターネットやIT技術から切り離すことのできない時代を生きていきますね。しかし、使い方を間違えると、取り返しのつかない事態につながることも事実です。

ルールもなく使わせることもよくありませんし、まったく触れさせずに過ごすことも難しいものです。便利さと危険の二面性について説明することを忘れず、大人も一緒にルールを守ることができるような生活ができると良いですね。


参考書籍

日本人なら知っておきたい 2020教育改革のキモ

フジテレビ「ホウドウキョク」 (編集)

日本人なら知っておきたい 2020教育改革のキモ
出典:Amazon

教育専門家20人が徹底解説!高大接続、英語4技能テスト、アクティブ・ラーニング…いま知っておきたい最新キーワードを完全網羅!!

Amazonで詳細/クチコミを見る


【スマイルゼミ】資料請求でタブレット体験ブックプレゼント!

2・3・4・6歳から始める幼児のためのZ会【お試し教材無料プレゼント!】

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします