家にいるクモは殺さないほうがいい?

クモ

よく、家にいるクモは家を守ってくれるから殺してはいけない、といった言い伝えを聞いたことはありませんか。これは、迷信だけではなくて、いろいろな根拠がある話なのです。今回は家にいるクモで有益な働きをしてくれるクモの種類をご紹介します。

家のクモを大事にするのは理由があります

家の中にクモがいたら、つい外へ逃がしてしまうことはありませんか。

でも、家の中のクモは家によくないゴキブリやハエ、ダニといった害虫駆除をしてくれる種類もいるのです。

家の中のクモは殺さず大事にする、といった言い伝えは理にかなっているのです。では、どういった役割を持っているのか、詳しく見ていきましょう。

アシダカグモはゴキブリ退治、ハエトリグモはハエ退治

アシダカグモ

アシダカグモは足が10センチm以上も長いクモです。
ゴキブリをエサとしているので、ゴキブリ退治にはとても助かります。足が長くてちょっとグロテスクな容姿ですが、とっても役に立つのです。

⇒アシダカグモの画像を見る(ウィキペディアにリンクします)

ハエトリグモ

ハエトリグモは小さな小型のクモです。
ハエや小型の虫を捕食します。大きさは1センチm以下の小さなクモで、黒い体に白い線が入っているのですぐわかります。糸を張って巣をつくらないので、床を跳ねまわっているのを見かけたことがあるでしょう。そうして自由に動きまわりながらエサを探すのです。

⇒ハエトリグモの画像を見る(ウィキペディアにリンクします)

イエユウレイグモもダニやコバエを退治します

細くて足が長いイエユウレイグモもカーテンなどによく見かけるクモの種類でしょう。

ちょっと動きは遅いのですが、部屋の隅などにクモの巣を張っていることがあります。

やはり、見た目が大きくて気持ち悪い印象ですが、ダニやコバエを取ってくれるといった益虫です。

⇒アシダカグモの画像を見る(ウィキペディアにリンクします)

クモにまつわる迷信あれこれ

子供と赤ちゃん

クモは家の守り神、といった迷信のほかに「朝のクモは殺してはいけない」といった言い伝えがあります。クモは天気のよい朝にしか巣を張らないので、クモが巣をつくるということは、晴れやかな朝に縁起がよいと考えられていたためです。

逆に、「夜のクモは退治せよ」といった迷信もあります。夜のクモは盗人(災い)とされ、縁起が悪いので退治したほうがよいと考えられていました。

日本は昔からどの家にもたくさんのクモがいて、益虫にも害虫にもなる身近な虫であったということでしょう。

クモが増えすぎて困ったら

とは言っても、クモがあまりにも繁殖しすぎても困りものです。

天井の上の方や、リビングの届かないところに大きな巣をつくられてはちょっと不快に感じるかもしれません。そんな駆除しにくいクモの巣があったときは、専門業者にお任せしてみてはいかがでしょうか。

くらしのマーケットではクモ駆除業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。クモは益虫として活躍してくれることも考えながら、上手に共生していきたいものです。

⇒クモ駆除を業者に依頼するといくら?

くらしのマーケット教えてくれたのは…「くらしのマーケット」は、ハウスクリーニング・エアコンクリーニング、家事代行などのプロが一度に比較できるお役立ちサイト。大手のサービスに比べると、地元の業者さんを複数比較検討できるので、お安くなることも!クモ以外の害虫・害獣駆除の業者さんも見つかります!

くらべてお得、プロのお仕事。「くらしのマーケット」公式サイト

▼こちらの記事もおすすめ
子育てママの、風呂釜洗浄サービス体験レポート
トイレ掃除には重曹とクエン酸!便器から床までピカピカ掃除術
ポイントが分かれば大丈夫! 月齢別赤ちゃんのお風呂の入れ方

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします