どーする?紙おむつを洗濯してしまったら?

洗濯機

紙おむつを洗濯するって、意外と多い事例のようです。

子どもが、勝手に洗濯かごや洗濯機に投入してしまったり、タイツの中におむつが入ったままだったりするみたいですね。

もしも、洗濯機で紙おむつを洗ってしまったら、後片付けは、どうしたらいいのでしょうか?

洗濯機でおむつを洗濯するとどうなる?

赤ちゃん

洗濯したおむつは、内部にある高分子吸収体(ポリマー)が、水分を吸ってゼリー状になります。オシッコを吸ってパンパンになっているおむつと同じ状態です。

この状態のおむつが破れると、ゼリー状になったポリマーが、洗濯機の内部にベットリ付きます。もちろん、洗濯物も、ベトベトです。

紙おむつの外側の不織布も、ティッシュペーパーを洗濯してしまった時のように、洗濯物に絡まることがあります。

紙おむつメーカー推奨の処理方法は?

◎メリーズ

〔衣類に付着してしまったときの効果的な落とし方〕

1.脱水後、乾燥する前にブラシ等で落としてください。粘着テープでも取り除くことができます。

2.乾燥させた後もまだ残っている場合は、再度ブラシ等で落とすか衣類をよくふって落としてください。

3.その後、時間的に余裕があれば、脱水後あるいは乾燥させた後に、再度お洗濯をおすすめします。

〔洗濯槽内部に付着してしまったときの取り除き方〕

まず、くず取りネットにたまったものをとり除き、洗濯槽内部は、ティッシュぺーパーなどでよく拭き取ってください。
一度で取りきれない場合は、もう一度水をためてすすいでください。

〔身体への影響〕

衣類に残った高分子吸収体、パルプ、不織布は、直接肌に触れても心配はいりません。

出典:http://www.kao.com/jp/qa/mrs_omutsuall_07.html

洗濯機メーカー推奨の処理方法

◎HITACHI(縦型洗濯機)

1.洗濯物を取り出す。
→洗濯物についてしまったカスやポリマーなどは、別途水洗いして取り除いてください。

2.洗濯槽、糸くずフィルター、排水口を調べてください。
→目に見えるカスやポリマーなどを取り除いてください。

3.「槽洗浄」を3時間コースで行ってください。
→取りきれなければ繰り返し行ってください。

出典:http://kadenfan.hitachi.co.jp/support/wash/q_a/a91.html

◎SHARP(ドラム式)

1.ドラム内に残っている「紙おむつのゼリー状のものやティッシュ」をできるだけ取り除きます。

2.排水ホースを排水口から抜き取り、個別運転(脱水)を行います。
※ 排水ホースの先にネットをかぶせたり、排水の水をバケツへ入れるなど、排水口へ異物が流れ出ないように排水を行っていただくことをおすすめします。

3.脱水完了後、衣類を全て取り出し、ドラム内に付着している紙おむつのゼリー状のものやティッシュを取り除きます。

4.糸くずフィルターを取り外し、糸くずフィルターにたまっている紙おむつのゼリー状のものやティッシュを取り除きます。
(あらかじめ、洗面器や、タオルなどを用意していただき、あふれた水で床などを濡らさないようにご注意ください。)

5.排水ホースを排水口へ元どおり接続し、槽内は空の状態で「洗濯(洗う)」モードの「槽洗浄コース」(洗いなし設定:約10分)または「お手入れ」モードの「洗浄(乾燥なし)」(洗いなし設定:約10分)運転を行います。
※ 一度で槽内の汚れが取れない時は、汚れが取れるまで手順3~5を繰り返しお試しください。

6.「槽洗浄コース」運転の終了後、排水口内にゴミがたまっていないか確認します。

出典:http://cs.sharp.co.jp/faq/qa?qid=135809

ラクに片付ける裏技

塩

◎塩

洗濯物についたポリマーを取り除く時の裏技に塩を使うというものがあります。

高分子吸収体(ポリマー)は、塩を含むと小さくなるという性質がありますので、この性質を使います。

洗濯機から取り出した衣類全体に塩を振りかけてから、すすぎます。その後、衣類を乾かします。

取り入れる前に、よく振るとポリマーが埃のように落ちます。

この、塩を使う裏技は、洗濯機についたポリマーを片付ける時にも応用できます。それは、洗濯機に塩を入れて洗濯槽を掃除するというもの。

ただし、この方法は、洗濯機が錆びたり故障したりする原因になります

試してみてもいいけれど、自己責任、ということですね。

塩の変わりに、重曹でも効果があります。洗濯槽のクリーニングの時に、重曹を大さじ1~2杯入れるだけです。

◎乾燥機能

洗濯機に乾燥機能が付いている場合は、乾燥させてしまうというのもアリです。

乾燥させれば、ポリマーは小さくなりますから、処理も簡単です。

【スマイルゼミ】資料請求でタブレット体験ブックプレゼント!

2・3・4・6歳から始める幼児のためのZ会【お試し教材無料プレゼント!】

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします