子供のセルフ・エスティームを高めると能力は伸びる!

親子

セルフ・エステームという言葉をご存知でしょうか?自分自身を尊重する、という意味になります。つまり、自分を尊重する気持ち。自尊心のことです。

今の自分が好きな気持ちや、自分のことを大切にする気持ち。そして、自分が自分らしくいることが心地良いと感じる気持ちのことです。

では、どうしてセルフ・エステームを高めると子供の能力は伸びるのでしょうか?

どうすれば、子どものセルフ・エステームを高めることができるのか

子供
まずは、親や子どもが信頼している周りの大人が、子どもの努力を認めてあげることが一番大切です。

どんなに小さなことでも構わないのです。いつもより少し着替えが早くできた、とか、元気に挨拶ができるようになった、とか、苦手な食べ物をひとくち食べることができた、とか、何でも良いのです。

子どもが頑張ったから成功した、と思えるように努力を褒めてあげましょう。そして、子どもが頑張ったからできたと思える体験を積み重ねていくことです。

やれば出来るんだ、という体験を積み重ねていくことで、セルフ・エステームが高められて、頑張ることができるようになるのです。

すると、どんな子どもに成長していくのかというと、自分から学ぼうとする力が育ちますし、自分で判断する能力を伸ばすことができます。

セルフ・エステームを高めると、他人も尊重できる

子供
否定されるような言葉ばかりを聞かされていると、自尊感情や自己肯定感が低くなってしまいます。

そうすると、自分はダメな人間なんだ、という感情がどんどん膨らんでいきます。そして、自分のことが嫌いになってしまいます。

自分に自信が無くなっていき、自分のことが嫌いな人は、他人のことも大切にはできませんし、他人と比べることが増えます。

さらに、自分とは違う人のことは嫌いになり、ないがしろにしてしまうことがあります。逆にセルフ・エステームが高ければ、自分と他人は違って当然だと思うことができるので、他人の意見もきちんと聞くことができるようになります。

自分が絶対に正しいと思って行動したり、話をしたりする人がいますが、そういう人はセルフ・エステームが低い可能性があります。何故なら、自信が無いので、自分がいつも正しいということが証明できないと、不安になってしまうからです。

まとめ

セルフ・エステームを高めることができれば、やれば出来る、という自信がつきます。

さらに、自分で考えて判断することができるようになるので、自分の行動にも責任を持つことができるようになっていきます。仮に失敗しても、誰かのせいにせず、結果を自分で受け止められるようになります。

自分のことが好きになり、自分のことを信じられるようになると、色々なことにも挑戦してみようと思えるので、様々な能力を高めていくことが期待できます。

ですから、お子さんの小さな努力を、いっぱい褒めてあげるようにして下さいね。

参考書籍

9歳までに地頭を鍛える! 37の秘訣

大川 栄美子 (著)

9歳までに地頭を鍛える!  37の秘訣
出典:Amazon

超難関の旧司法試験で、合格者ゼロの大学で教鞭を執り、みごと合格者を出した司法界伝説の「リアルドラゴン桜」の異名を持つ著者は、働きながらの育児でどのようにして子どもの脳を鍛えてきたのか?9歳で「ギフティッド」認定を受け、14歳でカナダの大学に合格した大川翔くんは、いかにして育てられたか?「息子は決して特殊ではない」という母親による、誰でも実践可能な子どもの地頭を鍛えるコツを大公開!

Amazonで詳細/クチコミを見る

【スマイルゼミ】資料請求でタブレット体験ブックプレゼント!

2・3・4・6歳から始める幼児のためのZ会【お試し教材無料プレゼント!】

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします