子どもに自分で服を管理させる!片付けアイデア

幼児の着替え

子どもが自分で服を片付けられると、グッとラクになりますよね。

親がラクなだけでなく、自立心も目覚めそうです。

小さい子どもでも、自分で片付けられるアイデアを紹介します。

子どもがやる気になるポイント

幼児の着替え

“自分専用” のクローゼットは、やる気を引き出します。

クローゼットや押し入れの一部分を専用スペースにしてあげたり、子ども用家具を揃えてあげたりすると、やる気が出ます。

もちろん、子どもが手に取りやすい高さにしてあげて下さいね。

NGポイント

・重ねない!

小さな子どもは、パッと見て見えないものには気付きません。

引き出しに重ねて収納すると、下の方に入っている服には気がつきません。もう少し大きくなると、今度は、お気に入りの服を引っ張り出そうとして、重ねてあった上の方の服がグチャグチャに・・・

ですから、子どもの服は重ねないのが基本です。

・完璧を求めない!

全ての服を、畳んで立てて収納すれば、見た目がキレイで省スペースですね。

でも、小さな子どもにはハードルが高過ぎます。

最初は収納スペースに収まっていればOKぐらいのユルイ所からスタートしましょう。

小さな子どもでも自分で片付けるアイデア

幼児の着替え

・引き出しには、絵や写真を

引き出しを開けなくても、中に何を入れるべきか、何が入っているのか分かるように、ラべルを貼りましょう。

文字が読める場合でも、絵にした方が、小さな子どもにはイメージしやすいようです。

・投げ込み収納

下着など、多少シワになってもいいものは、投げ込み収納で。

「この引き出しに入っていればOK」など、まずは自分で収納して、自分で探すことが出来るようにしてあげましょう。

・吊るす収納にする

引き出し収納よりも、吊るす方が、見渡すことが出来て、自分で服を選びやすいようです。

ハンガーが上手く使えない子の場合は、洗濯用のピンチハンガーを使うというアイデアもあります。

・服の数を少なくする

数が多過ぎると管理できません。

服の数が多過ぎる場合は、お出かけ用の服は親が管理するなどして、

自分で出来るだけの数に減らしてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします