子どもに合った辞書、どうやって選べばいい?

辞書

今回は、この時期書店にずらりと並ぶ辞書のなかから「どうやってベストな辞書を選んだらいいのか?」ということについて”漢字の寺子屋®”代表 山陸昌子先生にお話を伺います。

こんにちは。漢字の寺子屋のりく先生です。
新年度のはじまりに合わせて国語辞典を用意したり、
入学祝に辞書を・・・と考えるご家庭も多いかと思います。

春は各出版社の辞書が書店に並びます。
ですが、いちいち箱から取り出して見比べるということはしづらいですよね。
選ぶポイントもわからないし・・・・

そこで今回は、お子さまに合った国語辞典の選び方についてお伝えしたいと思います。
国語辞典なんてどれもだいたい同じ…?と思ったら大違いなんですよ!!

気にしてあげるポイントは2つです。

○辞書の大きさ・重さ
○文字の見易さ

P_20170710_225932

出典:漢字の寺子屋® 寺子屋ブログ

辞書の大きさ・重さ

園児さんや、小学校低学年のお子さんの場合、辞書の扱いに慣れておらず
落としてしまうことがあります。
分厚いと手のひらが小さい子には片手で持てないからです。
また重いと気軽に辞書を引こうという気になれませんよね。

軽いものから5つ、紹介しましょう

①三省堂 例解小学国語辞典 760g

赤い箱です 背表紙厚み 4.2cm

②小学館 例解学習国語辞典 760g

箱は黄色い動物柄です
背表紙厚み 4.1cm

③ベネッセ チャレンジ小学国語辞典 850g

黄色い表紙のほかにブルーなどもあります
背表紙厚み 4.2cm

④ベネッセ チャンレンジ小学国語辞典(カラー版) 850g

大きさも重さも、2色刷りとほぼ同じです
背表紙厚み 4.6cm

⑤学研 新レインボー小学国語辞典(オールカラー) 1300g

オレンジ色の箱です。カラーのため紙質やインクが重くなっているようです。
また巻末の付録が多いため、背表紙の厚みが5.8cmと分厚いです

なんと一番軽いものと、一番重いものでは倍ほどの重さの違いがありました!
辞書はしっかり使ってこそ意味があるものなので、キャラクターで選ばずに
「使いやすいサイズ」を選びましょう!

文字の見易さ

国語辞典の文字は「見出し語」と「意味・説明」に分けられます。
気にしてほしいのは太字になっている「見出し語」です。

辞書で言葉を探すときに見出し語がはっきり見やすいと
小さいお子さんでも見つけることができます。
細かい文字に慣れていない子供にとって、辞書の文字の羅列はびっくりしちゃうものです。
少しでも見やすいものを選びましょう。
おすすめはゴシック体の見出し語です!

先ほどの5つですと

①三省堂 例解小学国語辞典

見出し語:教科書体
2色刷りですが、(例)の赤丸がチラチラしてしまうかも
全ページに50音の「柱」あり

②小学館 例解学習国語辞典

見出し語:太めの教科書体 三省堂より大きく見やすいです
2色刷り

↓ 左が①三省堂 例解小学国語辞典、右が ②小学館 例解学習国語辞典
20180320_091544

③ベネッセ チャレンジ小学国語辞典

見出し語:太ゴシック体
2色刷り コラムやイラストが多いです
全ページに50音の「柱」あり

↓ 左が ②小学館 例解学習国語辞典 、右が③ ベネッセ チャレンジ小学国語辞典
20180320_092005

④ベネッセ チャンレンジ小学国語辞典(カラー版)

見出し語:太ゴシック体
カラー色刷り コラムやイラストが多いです
全ページに50音の「柱」あり

⑤学研 新レインボー小学国語辞典(オールカラー)

見出し語:大きなゴシック体
カラー色刷り
全ページに50音の「柱」あり

↓左が ④ベネッセ チャンレンジ小学国語辞典(カラー版)
↓右が ⑤学研 新レインボー小学国語辞典(オールカラー)
20180320_092122

★オマケ★

箱に入った国語辞典ではありませんが、
幼児さんから2年生ならこんな辞書もオススメです。

学研 新レインボーはじめての国語辞典
800g 背表紙厚み 2.5cm
見出し語:大きな丸ゴシック
IMG_20180320_093917

薄くて手に持ちやすく、おさめられている言葉も幼児さんにもわかりやすいものが並んでいます。また紙が薄すぎないため、幼児さんでもめくりやすいです。

いかがでしたか?
ご紹介した以外にもたくさんの辞書が書店で並んでいると思います。
お伝えした2つのポイントをふまえて、お子さんに合った辞書を選んでくださいね!

長有里子先生原稿提供:漢字の寺子屋 代表 山陸昌子先生
小さい頃からママになるのが夢、しかし実際の育児では2人の乳幼児を抱えてイライラが止まらない!そんな中気づいた子供の「遊ぶ力」と「学ぶ力」に注目し、3才~7才を主な対象とした幼児教室「漢字の寺子屋」を開講。「勉強」の始まる少し前に「遊び」の中で 学びを楽しむことができれば、もっと漢字が好きで、本と仲良くなれて、自分に自信が持てる!とファン拡大中です。

イベントスケジュール

その他、教室案内などは公式サイトへ

漢字の寺子屋®公式サイト


 

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします