子供が突然の入院!入院生活にあって良かったものは?

pixta_28193080_M
子供が大怪我をしてしまった。急な発熱で病院に連れて行ったら、そのまま入院になってしまった。など、子供の突然の入院にオロオロとしてしまうお母さんは多いことでしょう。
荷物を取りに行きたくても、子供を病院に残しては取りに行くことができない。
急遽親戚に連絡し、必要な物を取ってきてもらわなくてはならなくなかった。
そんな事態を経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、子供の突然の入院に備えるための“持ち物リスト”をご紹介したいと思います。

これだけは押さえたい!定番編

d55d3fe2ed2d5c7e581b53a62612c52f_m

まずは一般的な入院生活の準備品について

□ パジャマ
大人の場合、入院着が用意されているところもありますが、子供は持参が一般的。病院内が寒いこともあり得ますので、カーディガンなど羽織るものがあると便利です。

□ 歯ブラシ
子供が普段使用している物を用紙してあげるようにしましょう。

□ プラスチックコップ
プラスチックコップは日中の水分補給や歯ブラシの際に使用します。落としても安心なプラスチック製を用意してあげると良いでしょう。

□ ウェットティッシュ&ティッシュペーパー
食事をしたり、おやつを食べたり、鼻水を拭いたりと、ティシュ類は頻繁に使用します。少し多めに用意し、いざという時に困らないようにしてあげると良いでしょう。

□ 室内履き
サンダルやスリッパがNGの病院が多いため要確認。子供が履きやすい室内履きを用意してあげるようにしましょう。

□ バスタオル・フェイスタオル
入院中、タオル類は頻繁に使用します。入浴や洗顔の際、食後の手洗い。また、枕の上に敷いたり、タオルケット代わりに使用することもあります。
サイズ違いで何種類か用意をしておくと良いでしょう。

□ お箸やスプーン、フォークなど食事の備品
病院でもスプーンやフォークを用意してくれますが、やはり子供が使いやすい物が一番。
特にお箸の場合、長さが異なると使いにくいことが多いため、事前に準備をしておくと良いでしょう。

次に、乳幼児の場合必要な備品について

□ おむつやお尻拭き
おむつを病院で用意してくれる場合、メーカーが選べないこともあるでしょう。
特にこだわりがある場合は、準備をしておくと良いでしょう。

□ 哺乳瓶
おむつやおしり拭きと同様、哺乳瓶に関してもメーカーが選べないことがあります。
お子さんがお気に入りの哺乳瓶を持参すると良いでしょう。

あってよかった物編

e67d925db4e245285ad56fba3abe308b_m
□ DVDプレイヤー
病気や怪我で動けない子供をじっとさせておくのは一苦労。
そんな時に一番役に立つのは、子供が大好きなアニメの存在なのではないでしょうか?
そこで便利なのがDVDプレイヤー。
ヘッドホンを使用すれば周囲に迷惑をかけずに動画を楽しむことができるため、子供の娯楽には最適です。

□ シールブック
子供の入院で一番困るのが、子供が「飽きてしまう」こと。
子供が飽きたからと言ってもYouTubeやテレビを長々と見せているわけにもいかず、音を立てずに静かに遊べるものがあれば・・・と思われているお母さんも多いのではないでしょうか?
そこで便利なのが、シールブック。昨今ではスーパーのレジ横などにも置かれるようになり、ラインナップも豊富なため、1冊は仕入れておくと便利です。

□ カードゲームやパズル
シールブック同様、子供が飽きてしまった時の便利品として挙げられるのがカードゲームやパズル。
昨今では、子供が数字や文字を覚えるのに活用できる物も売られているため、是非入院期間を有効活用し、子供の教育に繋げてみてはいかがでしょうか?

□ ふりかけや岩のり
入院生活の中で一番“困った”という声を聞くのが「子供の食事」。
中には病院食が口に合わず、食べられないという子も多いと言います。
特に苦手とされるのが“おかゆ”。
そんな時に便利なのがふりかけや岩のりなどの「ご飯のお供」です。
少しでも子供に早く回復してもらうためにも食生活は大切。病院の売店などでも手軽に入手できるため、1つは用意しておくと良いでしょう。

付き添い入院に必要な物リスト

次に、お母さんが付き添い入院される場合の備品についてご紹介します。

□ 着替え(枚数には余裕をもって!)
一旦入院してしまうと、着替えを取りに自宅に帰ることがなかなかできなくなります。
そのため着替えは多めに用意しておくことをお勧めします。

□ お泊りセット(洗顔フォーム、化粧品、リップクリームなど)
病院はホテルではないので、洗顔などの用意がありません。お母さんが普段使用されている化粧品類はきちんと持参するようにしましょう。また院内は乾燥していることが多いため、リップや保湿クリームなども用意することをお勧めします。

□ 本や雑誌など
子供が昼寝をしているときなど、ちょっとした時間つぶしに本や雑誌を用意すると良いでしょう。入院生活というのはお母さんにとっても負担な物。少しでもリラックスして過ごすためにも娯楽品は必須です。

□ 携帯充電器
入院中というのは緊急連絡が多いもの。そのため、携帯の充電器は必ず持っていくようにしましょう。

まとめ

以上のように子供の急な入院のための“持ち物リスト“をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
子供の突然の怪我をしたり病気をすると親はとても慌ててしまうのです。
そんな時少しでも落ち着いて入院準備ができるよう、日ごろから備えておく事をお勧めします。
 

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします