【ママ目線レビュー】我が家のラン活体験談!2019年入学用ランドセルを選ぶ!

180604_1

2019年4月に小学校入学の女児がいます。ランドセルを購入することを、現在は「ラン活」というようですが、ついに我が家もラン活開始してランドセルを購入。来年の2月に家に届きます。
ところでラン活はいつから行えばいい?男の子、女の子の選択肢は?人気色は?体験してわかったことがあるので、まとめてみました。

ラン活とは?2019年入学はいつから始まってる?

52528d1e5770e6ee880a980ac2eab23b_s
小学校入学のため、ランドセルを選んで購入する活動を「ラン活」といいます。メーカー、小売店は年々ランドセル販売が早期化していて、2019年入学の2018年度は4月から販売開始するメーカーも出てきました。

ランドセルを購入する時期は、百貨店だと6月頃。そして、実際に購入するタイミングは7~8月頃。ランドセルの展示会もありますが、6月頃に開催するところが一般的のようです。おじいちゃん、おばあちゃんにランドセルを買ってもらう子もいて、帰省のタイミングに購入してもらうこともあります。2019年度は土屋鞄製作所が4月中旬にランドセルの販売を開始したことから、毎年、早期化がはじまっていることがわかります。

ランドセルの人気色は?販売店は?

180604_2
ランドセルで一番悩むのが、色、メーカー、購入店です。土屋鞄製作所、中村鞄製作所といったかばん屋さんで購入するほか、三越や伊勢丹、松坂屋、大丸といったデパート、ニトリ、イオン、そのほかコストコ、楽天市場やアマゾンにもランドセルは売っています。

予算によって購入する場所は必然的に決まってくると思いますが、百貨店だと5~7万円が一般的。

そしてランドセルは小学校生活6年間、長く使うもの。じっくり考えて決めたい人も多いことでしょう。

悩むのが、親の好みと子供の好みのすりあわせで、違う場合だと一苦労。
色も、昔だと男の子は黒、女の子は赤でした。今は男の子の人気色だと、定番の黒のほか、青、紫、茶色のようなキャメルがあります。また、女の子は赤のほか、ピンク、パープル(紫)、水色があります。また、同じピンクでも、ぼたん色、チェリーピンク、パステルピンクといったように違いがあります。

素材だと、本革、クラリーノの違いがあり、背負った時の軽さも違います。そのほか、A4サイズが入るかどうか、刺繍のあるなし、好きな洋服ブランドか、ランドセルカバーが付属かどうか、裏の模様、キーホルダーつき、女の子のランドセルではラインストーンやスワロフスキーがついているものもあります。

我が家のランドセル購入体験記

180604_3
ここからは、我が家のランドセル購入体験記をお話します。

2019年に入学する子がいて、希望色はパープル。身長は割と低いので、本革にするべきかクラリーノにするべきか迷っていました。

本革・クラリーノ それぞれの特徴

重さ 本革(重い) >クラリーノ(軽い)

そして、クラリーノでも、クラリーノエフ、クラリーノレミニカ、クラリーノタフロック、
と種類も豊富です。

最初はクラリーノがいいかなと思っていたものの、ママが子供の時には本革ランドセルを背負っていて、実際商品を見たら本革とクラリーノで200~300g程度しか変わらないことから、「本革でもいいのかな?」と思っていた気持ちもあります。

最初にデパート(三越)に行き、ランドセルコーナーを見ました。三越では6月6日から三越オリジナルのランドセルが発売されます。そして、店舗ごとに色や素材が違うと教えてくれました。例えば、日本橋三越では本革の人気が高いので、クラリーノよりも本革の入荷が多いそうです。そして、地方のデパートだったからか、カタログに掲載されているランドセルよりも品数は少なめ。
娘が希望するパープル色も店頭に置いてあったブランドが4つほどありました。メゾピアノやバービーといった洋服ブランドの商品もあります。しかし、在庫が少ないため、売れてしまうと再入荷はなし。娘のように「パープルじゃないと嫌だ」とこだわりがあるのなら、希望の商品があった時点で早めに買うのがいいでしょうとアドバイスをもらいました。

a3315b32dfb38bc78bc14a7f1d49fcad_s
ここで問題だったのは、子供の好みとママの好みが全く違ったこと。娘は「姫系」と呼ばれる刺繍入り、スワロフスキーやストーン入りのランドセルが大好きで、キラキラとラメ感がある鮮やかなランドセルを希望していたことです。
ママはキャメルや茶色、赤などがいいかなと思っていたものの、パープルのランドセルがダメと否定してしまうと、子供の意志を折ってしまうのではと感じていました。

そんな時、同級生のママから「もう購入したよ、土屋鞄では売り切れている商品もあったよ!」と言われます。5月中旬でした。同じタイミングで、他の同級生ママからも買ったと言われて焦りました。

有名な土屋鞄のホームページを見てみると、2019年のランドセルは4月18日から開始。見た時には売り切れが続出していました。そして、土屋鞄のホームページでいいなと思うパープルランドセルを発見。それが「アトリエ」です。

180604_4

出典:出典:https://www.tsuchiya-randoseru.jp/products/detail.php?product_id=136

テキスタイルデザイナーが裏地を担当しているので、少しポップな印象です。男の子の色のウォームブラック、カーキは売り切れてしまっていたので、パープルも早く予約しなくてはいけないのかもと焦って、土屋鞄のランドセルが置いてある童具店に行って実物を確認。親も娘も納得し、No.51のパープルを購入しました。ラメ感はなく、イタリアンレザーを使ったパープルランドセルです。お互いの希望がまとまった商品に出会えました。
 

こんな選択肢もある?

ラン活をしている中で、参考になった意見もありました。

“コストコにはフィットちゃんのランドセルがある!色は赤か黒かしか選べないものの、3万円弱と値段も安い!”
“アマゾンには1万円以下のランドセルもあった!2018、2017、2016モデルなのかも……?”
“ランドセルは実際に背負ってみないとサイズ感がわからない。男の子は肩紐のゆるさ、女の子はランドセルの重さを感じておくべき。”
“男の子なら、6年保証はつけておくべき。途中で壊してしまいがちなランドセルも修理の保証がついているなら安心して高額商品も買える!”
“ランドセルは値段が高いものを見てしまうと、つい高いものを買ってしまいがちなので〇円までと決めておく!”
“楽天市場で購入する選択肢もある!ポイントが高い時に買うことで、ポイントキャッシュバックで家計にも負担なし。”

デザインやメーカーでこだわりがあるのなら、早めに注文しないと売り切れてしまうこともあります。ただ、全てのランドセルが売り切れるわけではありません。納得いくランドセル選びをするのが大切です。

まとめ

ランドセルを購入するのは、7~8月でいいかと思い込んでいました。土屋鞄製作所のホームページのサーバーがダウンしたことも聞いていたので、「早めの方がいいかな」とぼんやり思っていて、結果、5月末に購入決定。
去年よりもラン活は早くなっていると聞きます。希望商品があるなら、売り切れる前に購入を。周囲では5月中に購入している人が多いです。

 
 

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします