子供のスイミング・水泳はいつから始める?

子供の水遊び
昨今の子供の習い事ランキング1位と言われる“スイミング”
水泳は全身運動であり、体力が付く、心肺能力が向上する、風邪をひきにくくなるなどのメリットがあることから、習わせたい!と思うお父さん・お母さんが多いと言われています。
しかし、実際に習わせようと思うと「いったい何歳ごろが適当なの?」と思われる方も多いことでしょう。

そこで今回は、「水泳はいつから始めたらよい?」をテーマに、開始時期による子供の成長などについて解説したいと思います。
 

月齢別スイミングスクールの練習内容

それでは、スイミングスクールに通った場合、実際にどのようなことをやるのか、赤ちゃんの月齢別に紹介したいと思います。

生後4ヶ月から3歳ごろまで

pixta_13254575_M
赤ちゃんがスイミングスクールに入れる時期は、施設によって異なります。
早いところでは赤ちゃんの首が据わる生後4か月から。平均的には、生後6か月を目安とするところが多いようです。
生後4ヶ月から3歳までをベビースイミングとしている施設が多く、この時期は赤ちゃん一人ではなく、ママと一緒に水に入り、ママとのスキンシップや水慣れを目的としたレッスン内容が一般的です。また中には、お母さん自身のリフレッシュ・産後ダイエットとして利用する方も多いようです。

3歳以降

幼稚園や保育園でも水遊びが始まる3歳~5歳。この月齢からスイミングを始めたいと思われるお母さんが多いのではないでしょうか?
一般的には、スイミングスクールの水深に合わせた身長、またおむつが外れていることを入会制限としている施設が多いとされており、この頃から子供1人でのレッスンが始まります。
最初は、水になれることから始まり、そして少しずつ潜れるように。
蹴伸びや水中ジャンプなどをクリアした後、実際に「泳ぐ」ことを練習するようになります。

水泳はスイミングに通わなくてもできる

pixta_23635041_M
お母さん・お父さんの中には、水泳=スイミングスクールと思われている方も多いことでしょう。しかし、水泳はスイミングスクールに通わなくても、練習することはできるのです。
まずは、自宅でビニールプールやお風呂を利用し、子供に水遊びをさせてみましょう。水鉄砲や水風船、お玉やスーパーボールなどがあれば、子供はキャッキャッキャッキャと喜びながら、遊んでくれるに違いありません。
そして水に慣れた頃、お住まいの市町村の公共施設を利用してみてはいかがでしょうか?
夏になったら海に遊びに行ったり、プール付き宿泊施設を活用するのも良し!
お父さん・お母さんと一緒に水遊びから始め、子供が楽しそうにしていたら、少しずつ水に入り、一緒に浮き輪で浮かんでみたり、子供を抱っこしたまま泳いでみる。そうやって子供に水の楽しさを教えることは、スイミングスクールに通わなくてもできるのです。

水泳は何歳から始める?

これまでのことを踏まえて…
「水泳は何歳から始めた方が良いか?」ということを考えると、答えは「何時からでも良い」のかもしれません。
一番大切なのは、「子供が水嫌いにならない」こと。
水泳を練習として押し付けるのではなく、まずはお母さん・お父さんとのスキンシップの1つとして採り入れ、遊びながら少しずつ始めると良いでしょう。
今年の夏試してみて、ダメだったらまた来年。
子供の成長を見守りつつ、適正な時期を選んであげることが大切です。

まとめ

子供に水泳を始める時期、また水泳の始め方について解説しましたがいかがでしょうか?
体力が付く、心肺能力が向上する、風邪をひきにくくなるなど、多くのメリットが挙げられる水泳・スイミング。お子さんに楽しんで続けてもらえるよう、開始時期は慎重に見極めてあげたいものですね。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします