0才さん~もOK、お子さんの反応を見ながら楽しめます。エルヴェ・チュレの「あそぶ」絵本

先日絵本・児童書コーナーの店員さんに勧められたのが「エルヴェ・チュレ(エルヴェ・テュレ)氏の絵本」。

時々見かけて気になっていたシンプルで目を引く表紙。…店員さんいわく「じわじわ来てます」とのことなのですが、どんな本なのかご紹介します。

アートディレクターとしても活躍する作者

アートディレクターとして活躍していたエルヴェ氏は、絵本作家としての顔だけでなく、イラストレーターとしても活躍しています。

イラストレーターとして彼が手がけた作品で、馴染みのあるものといえば、2015年に日本で発売された、Volvic限定ボトルデザインです。

てんとう虫の赤と、スカイブルーの配色が、ポップで可愛らしく、覚えていらっしゃる人もいるかもしれませんね。


まるまるまるのほん

そんなエルヴェ・チュレさんが描いた、「まるまるまるのほん」は、読む為の絵本ではなく、絵本の中で遊ぶ本です。

遊ぶ相手は、赤と青と黄色の「まる」達です。遊んでいるうちに、「まる」達が、とんだり、はねたり、まるで生き物のように思えてきます。

動物や植物ではなく、想像力と感じる心で、「まる」と遊ぶこの絵本は、世界中で評判になりました。

続編として、「まるまるまるのげーむ」「あそぼ」「いろいろいろのほん」「おとえほん」があります。

「まるまるまるのほん」シリーズは、赤と青と黄色で構成されています。どのページも、アートディレクター出身らしい無駄がなく、美しいデザイン。まさに、「感じる」絵本です。

まるまるまるのほん 0才~

まるまるまるのほん
出典:Amazon

内容紹介
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? 読者が動かしていく参加型絵本は、まるで絵本がタッチパネルになったみたい! ? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。

まるまるまるのほん

大人が一方的に本を読むスタイルではないというのがこの本の最大の特徴です。

絵本に描かれた円を実際に指で押してみたり、本を傾けてみたり…お子さんの反応を見ながら絵本に親しめます。

Amazonで詳細/クチコミを見る

⇒その他の「まるまるまるのほん」シリーズ

あそびえほん

エルヴェ・チュレ氏が手がけた絵本には、他に、「あそびえほんシリーズ」があります。

「まるまるまるのほん」シリーズが、「想像力」を使って遊ぶのに対して、「あそびえほんシリーズ」は、自分で絵本に描いたり、紙を貼ったりして、遊びます。そして、遊びながら自然にアートの基礎に触れることが出来ます。

例えば「あそびえほん ひかりをあてよう」は、影アートに、「あそびえほん いれかえアート」は、デザインの基礎と、再構成の楽しさに、「あそびえほん あか、きいろ、あお」は、混色の仕方に、「あそびえほん りったいをつくろう」は、立体構成の面白さに触れることが出来ます。

こどもの為のワークショップを行う、チュレ氏ならではの絵本といえるでしょう。

あそびえほん ひかりをあてよう 3才~

あそびえほん ひかりをあてよう
出典:Amazon

内容紹介
へやをくらくしてから、かいちゅうでんとうでほんをてらしてみよう。てんじょうにおはながさいたり、さかながおよいだりするよ。対象年齢3歳以上。

ページが切り抜かれた本に光を当てて遊ぶ本です。

普段の遊びにも新しいヒントを与えてくれそうなクリエイティブさが魅力です。

Amazonで詳細/クチコミを見る

⇒その他の「あそびえほん」シリーズ

関連ワード:,

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします