お話しができるようになる1歳児のクリスマスは是非絵本を!

クリスマス

クリスマスプレゼント選びは楽しいけれどちょっと悩みますよね。悩んだ時は、是非絵本をプレゼントをしてみてはいかがでしょうか?

1歳児は絵本を読んであげてもまだまだじっと座って居られないお子さんも多い年齢ですが、それでも1歳児ともなれば少しずつ言葉が話せるようになって来ますし、指さしもしっかりできます。絵本を通じて意志の疎通、コミュニケーションを図ることも可能です。

今回は1歳児にお勧めの絵本をご紹介致します。是非、今年のクリスマスプレゼントの参考にしてみてくださいね。

アンパンマンは、やっぱり定番

アンパンマンのクリスマス

アンパンマンのクリスマス
出典:Amazon

作絵:やなせたかし

クリスマス前夜、プレゼントの準備をしていたサンタクロースがバイキンマンにさらわれてしまいます。そのサンタクロ-スをアンパンマンが助ける内容です。

クラッシックなアンパンマンのイラストに手書きの温かさが感じられる落ち着いた絵本です。

アンパンマンのクリスマス(Amazonで口コミを見る)

おなじみのブルーナの絵で、クリスマスに触れる

クリスマスってなあに?

クリスマスってなあに (講談社の翻訳絵本)
出典:Amazon

作:ディックブルーナー

ブルーナの子どものためのクリスマス絵本。
星にみちびかれて、東方の3博士の旅がはじまります。イエス・キリストの誕生の物語を通して、クリスマスのほんとうの意味をやさしく伝える絵本です。

クリスマスってなあに?(Amazonで口コミを見る)

穴あきしかけの効果抜群

まどからおくりもの

作:五味太郎

まどから おくりもの (五味太郎・しかけ絵本(3))
出典:Amazon

窓の中にちらっとみえる姿をみて、サンタさんは贈り物を選んで配ります。
でも、このサンタさん、かなり適当。
間違ってばかりのサンタさんを、心配しつつ笑えます。

まどからおくりもの(Amazonで口コミを見る)

絵本がサンタさんの形!

サンタさんありがとう

サンタさんありがとう

この絵本はサンタクロースのかたちをしたかわいらしい絵本です。中を開けるとクリスマスの雰囲気たっぷりのお家の中。サンタクロースのお家なのです。

サンタクロースのお母さんがスープを作っていたりして、サンタクロースはプレゼントをあげる姿しか知らないと思いますが、サンタクロースの生活の様子がわかります。

1歳は「これは?これは?」となんでも聞いてきます。また、自分の知っているものを見つけると、「木!」「りんご!」と次々にお話ししてくれます。

クリスマスの雰囲気も伝わりつつ、日常生活の中のいろいろなものが本の中に出てくるので小さなお子さんも親しみやすいです。

小人がサンタさんを喜ばしてあげるという内容なので、普段はプレゼントを配っているサンタさんに感謝しましょうという事が伝わります。

ですので、赤ちゃんも目でみて楽しめて2歳3歳は話しの内容まで理解できますので大勢で楽しめますから、兄弟姉妹がいるご家庭に是非お勧めの1冊です。

サンタさんありがとう(Amazonで口コミを見る)

カラフルでかわいらしく、賑やかなイラストにほっこりします

ツリーさん

ツリーさん

キラキラしたカバーの素敵な絵本です。クリスマスに欠かせないモミの木。この木はツリーさん。

はじめはただの緑だけの木でしたが、様々なオーナメントがキャラクターとなっていてツリーさんにくっついていきます。

絵はとってもかわいらしいので小さい子どもに大人気です。1歳児なら、この本を買ってあげて、クリスマスツリーに追加でオーナメントをくっつけて遊ぶのもお勧めです。

絵本と実体験が一緒になって思い出の1冊になること間違いなしです。

ツリーさん(Amazonで口コミを見る)

イラストも文章のリズムも◎の大ベストセラー

だるまさんシリーズ

だるまさんシリーズ

これは「だるまさん が」「だるまさん の」「だるまさん と」という3冊のシリーズ本。

主人公のだるまさんがメロンさんやバナナさんと一緒にお尻をくっつけたり、ピースしたり、だるまさんの体についている目や毛などをクローズさせたりしているわかりやすい本です。

本を読みだすと一緒に子供たちはだるまさんのしぐさを真似するようになりますし、セリフも一緒に言うようになると思います。

とにかく小さな子供のつぼに見事にはまる絵本です。クリスマスのお話しではないのですがお勧めの3冊です。1冊づつでも購入可能ですからまずは1冊づつ試してみるのもいいですね。

だるまさんシリーズ(Amazonで口コミを見る)

1歳児の子供には、自分の身近な生活のテーマとなっている本や、セリフが面白そうなものがお勧めです。

毎日毎日これ読んで!と言ってもらえる本を見つけたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします