2歳に贈る絵本のクリスマスプレゼント

クリスマスプレゼント

0歳、1歳の時はお誕生日やクリスマスと言っても、当の主役はなんのことやらあまりよく理解していなかったのではないでしょうか?

両親やおじいちゃんおばあちゃんなど周りの大人が張り切ってケーキやプレゼントを用意してどうにか写真を撮って終了!なんてことも…。

でもそれが2歳にもなるとだいぶ変わってきます。言葉もだいぶ増えてきて大人の言う事も理解できるようになってくるので、なんとなくでも「サンタさん」や「プレゼント」の意味がわかるとクリスマスもさらに盛り上がりますね。

そのプレゼントに絵本はぴったりです。絵本なら何冊あっても良いし、他の人からのプレゼントと全く同じ!となってしまうこともそうそうありません。

いろいろなことができるようになったりわかるようになってきた2歳児に贈る絵本を紹介します。

お母さんを思う気持ちが伝わる絵本!

よるくまクリスマスのまえのよる

よるくまクリスマスのまえのよる

出典:Amazon

酒井駒子

あしたはたのしいクリスマス。わるい子にはサンタさん来ないのかしら? 心配で眠れない。そしたらよるくまが遊びにきて-。ぼくとよるくまの、お母さんのこと大好きな気持ちが溢れた絵本。

黒や藍色の背景に柔らかいタッチで描かれた明るいイラストが映える、美しい絵が印象的な絵本です。前作の「よるくま」からの読者の推薦の声も多く、絵本の棚でもひときわ目立つ酒井駒子さんの絵がクリスマスの雰囲気にピッタリです。

よるくまクリスマスのまえのよる(Amazonで口コミを見る)

大人気絵本『おたすけこびと』の待望の第二弾!

おたすけこびとのクリスマス

おたすけこびとのクリスマス

出典:Amazon

作:なかがわちひろ
絵:コヨセ・ジュンジ

クリスマスの夜。大切な仕事をたのまれたこびとたちのチームは、働く車の列をつくって、夜の町をはしっていきます。
どこへ行くのかな、そしてたのんだのは、だあれ…? 

画面のすみずみまで楽しめる、わくわくするクリスマス絵本。

工事車両など働く車が好きな子に人気のあるシリーズ本のクリスマスバージョンです。男の子におススメですが、もちろん女の子のお子さんも楽しめます。

おたすけこびとのクリスマス(Amazonで口コミを見る)

サンタクロースとたくさんの動物に出会える絵本

サンタともりのなかまたち

サンタともりのなかまたち

出典:Amazon

作:バリー・チィムス
絵:アグ・ジャッコウシュカ

クリスマスイブの朝、サンタさんから手紙をもらった森のみんなはサンタさんの家へ行ってお手伝い。お菓子を作ったり、プレゼントの包装をしたりして、クリスマスの準備をしていきます。ポップアップや手紙も付いた楽しい仕掛け絵本。

「どうぞのいす」「でんしゃでいこう」などの優しく、ほっこりする絵本が多いひさかたチャイルド社の今年の新作です。(2017/10/25発売)

サンタともりのなかまたち(Amazonで見る)

ずばり”クリスマス”をテーマにした絵本

コロちゃんのクリスマス

コロちゃんのクリスマス―ボード・ブック (児童図書館・絵本の部屋―しかけ絵本の本棚)

出典:Amazon

せっかくだからクリスマスプレゼントらしくクリスマスを題材にした絵本を贈るのがおすすめです。

2歳児にも読みやすいコロちゃんのしかけ絵本シリーズの「コロちゃんのクリスマス」は、クリスマスイブの準備から始まります。

ツリーを運んだり飾り付けをしたり楽しいクリスマスのわくわく感が伝わってきます。

しかけをめくりながらお話が展開していくので親子で一緒に楽しめる絵本です。

コロちゃんのクリスマス(Amazonで口コミを見る)

歯磨きやおトイレを題材にした絵本

おトイレさん

おトイレさん

出典:Amazon

2歳といえば個人差はありますがトイレや歯磨きなど、基本的な生活習慣を身につける時期。そしてしたくないことは「イヤ!」と嫌がる時期でもありますね。

そんな嫌がるトイレや歯磨きを絵本を通じて楽しく促すことができたらしめたものです!特にトイレトレーニング中のお子様におすすめなのが「おトイレさん」です。

おトイレさんがとっとことっとこ歩いています。1ページ目からシュールで大人まで引き込まれます。だって洋式便器に手足が生えて森の中を歩いているのです!

しかも目と、ひげまで生やしているのです。道中で出会う動物達が気持ち良さそうに、楽しくおトイレさんにおトイレをさせてもらうのをみて、自分のうちのトイレにも愛着がわいて「ぼくも(わたしも)おトイレさんでおトイレする!」となるかもしれません。

おトイレさん(Amazonで口コミを見る)

寝る前に読みたい絵本

おやすみ、はたらくくるまたち

おやすみ、はたらくくるまたち

出典:Amazon

夜お子様と一緒にベッドに入って、1.2冊絵本を読んであげるのが毎日の日課という方も多いと思います。

お話の内容もわかってくる年頃。1日の終わりに絵本を読んで楽しい気持ち、優しい気持ちで眠りにつかせてあげたいですね。

特に乗り物好きの男の子におすすめするのが、「おやすみ、はたらくくるまたち」です。

1日一生懸命働いた工事現場のダンプカーやショベルカー達が、夜になって心地よい疲労感とともにゆっくり眠りにつくお話です。絵のタッチがあたたかくて、かわいらしいはたらくくるまたちに癒されます。文章もやさしいリズムがあって、眠る前にぴったりです。

おやすみ、はたらくくるまたち(Amazonで口コミを見る)

絵本は子供の想像力や好奇心を豊かにしてくれるものです。

お気に入りの絵本を何回も読んだり、次から次へと新しいお話に興味津々だったり、その子によって読み方も違ってきます。

子供の頃読んで大人になった今でも覚えている絵本がある方もきっと多いのではないでしょうか。自分の子にも素敵な絵本との出会いをプレゼントしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします