アレルギーとはどんなもの??激増している食物アレルギーについて

アレルギー検査結果
近年では、アレルギー体質・アレルゲンに対する過敏・敏感反応等、日常生活に支障のあるものから、比較的軽症又は経過観察で済む程度と、個体性から様々で範囲が広いのが、アレルギーの特徴です。

赤ちゃんにとって、一度アレルギーを発症すると重症化しやすく、改善するまでに長期間を要します。
特に、「食物アレルギー」は、日常生活で注意やケアが特に必要になります。

アレルギーとは、どのような種類があり、どのような症状が起きるのか、看護師をしていたママよりご紹介いただきます。
この記事では、主に食物アレルギーについて、ご紹介いたしますので、ご参照ください。

アレルギーは、どのような分類があるの?

クエスチョンマーク
「アレルギー」とは、体内に侵入した異物(抗原)によって感作された個体に、同じ抗原が再び侵入する事によって引き起こされる「炎症反応」で、4つに分類されます。
各アレルギー型に属する代表的な疾患・特徴を挙げていきますので、ご参照ください。

Ⅰ型アレルギー(即時型アレルギー)

1.特徴
重症の場合に起きやすく著明的な特徴・早急な処置が必要で、ショックに陥る事もあるアレルギーです。
赤ちゃんでも食物アレルギーがあり、即時型食物アレルギーの場合、生死に関わり早い医療処置が必要です。

2.疾患
食物アレルギー

3.外見的な所見
・くしゃみ、痒み…知覚神経刺激が起こる為
・紅斑、鼻づまり、血圧低下…血管拡張が起こる為
・蕁麻疹、血管性浮腫…血管透過性亢進が起こる為
・喘息発作…気管支平滑筋収縮が起こる為
・鼻汁、鼻づまり、喀痰増多…粘液分泌が起こる為

Ⅱ型アレルギー(細胞溶解型アレルギー)

特徴
細胞表面抗原・細胞表面に付着した抗原に対する抗体(IgG、IgM)が、直接標的細胞に結合して、補体の活性化によって標的細胞が溶解し破壊されるものです。
抗体依存性細胞性細胞障害と言われ、抗体のFc部分(抗原に結合しない部分)が多核白血球やマクロファージのFc受容体と結合すると、標的細胞はこれらの貪食細胞によって破壊されます。

Ⅲ型アレルギー(免疫複合体型アレルギー)

特徴
組織内で抗原と抗体の免疫複合体が形成されると、補体が活性化され、IgEと反応し、アナフィラキシーを引き起こす原因物質となるアナフィラキシトンが産生され、血管透過性を亢進させます。
また、好中球も引き寄せ、免疫複合体を貪食して、組織を破壊していきます。

Ⅳ型アレルギー(遅延型アレルギー)

特徴
即時反応が見られた後、再び抗原刺激を受けて炎症が起こされるものです。
サイトカインと呼ばれる免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質を産生し、抗体によらず炎症を引き起こす事もあります。
このサイトカインによって、更に組織障害をいっそう進展させる特徴があります。
また、この反応は抗原刺激後48時間程度にピークとなる事から、“遅延型アレルギー反応”とも呼ばれています。

食物アレルギーとは?

卵と小麦粉
食物アレルギーとは、日本小児アレルギー学会がまとめた定義では、「原因食物を摂取した後、免疫学的秩序を介して生体にとって不利益な症状が引き起こされる現象」とされています。
食物による生体に不利益な反応の1つであり、即時型反応と、非即時型反応に分けられます。

疫学

乳幼児の有病率は、5~10%、学童期で1~2%と推定されています。
乳幼児に耐性が獲得した後は、学童期の有病率が著明に低下します。
しかし、学童期以降に発症した食物アレルギーは、耐性獲得は不調の為、長くアレルギーとして付き合っていく傾向が強くなります。
1.乳児期
3大アレルギーとして、鶏卵・乳製品・小麦があります。
鶏卵≫乳製品≫小麦の順に患者数が多いようです。

2.学童以降
甲殻類・魚類・そば・果物類・種実類のアレルギーが出てきます。

即時型食物アレルギー

食物アレルギーのほとんどが、即時型食物アレルギーによるものです。

1.病態経過
症状出現時間は摂取後、数分以内の時もありますが、多くは20~40分で、1時間以降は少ないのが特徴です。
症状のピークは発症後30分~1時間で、多くは自然治癒傾向です。
しかし、症状が急速に進展してアナフィラキシーやショックに陥る事もあるので、なるべく早い医療的な処置が大切で求められています。

2.症状
皮膚症状…蕁麻疹、紅斑、痒み、血管性浮腫
消化器症状…吐き気、嘔吐、腹痛、下痢

非即時型食物アレルギー

診断方法が確立されていない事もありますが、頻度が低く主要な原因ではなく、外的要因の1つとして考えられています。
慢性疾患であるアトピー性皮膚炎等への関与が検討されています。

アレルギーの診断

検査する食物を普通に食べて反応を観察する“オープン法”と、検査する食物と、そのプラセボを準備して、どちらかを食べたか分からない“二重盲検法”があります。

食物アレルギーの診断のみではなく、除去・制限の範囲を決定する目的で実施されます。
食物除去試験は、非常に評価が難しい為、専門医の元で行う事が望ましい状態になっています。

赤ちゃんが成長して、血液採取が可能になれば、採血結果でアレルゲン反応が確認できます。
この場合、赤ちゃんの健診時・受診時に医師へアレルギーの検査を希望する事を伝え、実施するという流れを取ります。

治療

原因食物の摂取を回避する事が、治療では重要になります。
また、摂取量の制限・アレルゲン化処理で接種が可能であれば、その範囲での摂取は問題がないとされています。
アレルゲン化処理で接種可能な場合、過剰な食物制限による栄養バランスを崩さないことと、食物除去法を医師や栄養士・管理栄養士から指導を受け、調理の工夫が必要になってきます。

1.即時型食物アレルギーの治療
皮膚症状だけの軽症例では、抗ヒスタミン薬(経口・静脈注射・筋肉注射)で十分です。

2.多臓器症状を伴う場合
エピネフリンの筋肉注射を早期に行う必要があります。
個人的に小児科受診して処方された“自己注射器”を携帯しておくと有効且つ早急な処置が実施でき、重症化・症状の進展を防止できます。

食物アレルギーによって引き起こる症状

鼻をかむ子供
毎年、食物アレルギーが原因・誘因となって、死亡している事故を聞きます。
軽視できない食物アレルギーで、生命を脅かされると同時に非常に迫った危機感を体験してトラウマとなる方もいるくらいです。
こちらでは、食物アレルギーによって引き起こる症状をご紹介いたしますので、ご参照ください。

皮膚粘膜症状

1.皮膚
掻痒感、蕁麻疹、血管運動性浮腫、発赤、湿疹

2.眼
結膜充血、浮腫、掻痒感、流涙、眼瞼浮腫

3.口腔・咽頭
口腔・口唇・舌の違和感、腫脹、絞扼感、咽頭浮腫、嗄声、喉の痛み、イガイガ感

消化器症状

腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、血便

呼吸器症状

1.上気道症状
くしゃみ、鼻水、鼻づまり

2.下気道症状
呼吸困難、咳、喘鳴(ゼーゼーして息が苦しくなる)

全身症状

1.アナフィラキシー
アナフィラキシーとは、発症後、極めて短い時間のうちに全身性にアレルギー症状が出る反応です。
多臓器の症状として、以下の症状があります。
喘鳴、呼吸困難、全身のじんましん、顔面浮腫、結膜充血、著しい鼻づまり、喉頭浮腫等々の重症な症状がみられます。

2.アナフィラキシーショック
アナフィラキシーショックとは、主に以下の症状が挙げられます。
心拍数の増加、何をする気力も失せたようなひどい脱力状態、意識障害、血圧低下

まとめ

赤ちゃんは肌が弱かったり敏感肌だったりと、アレルギーとの識別が困難な時期も加わっています。
ママが自分自身のアレルギー体質・ご主人や両家のご両親を含め、アレルギー持ちの人がいないかを把握しておき、仮にママ自身が食物アレルギーだったら、「もしかしたら、この子もアレルギー体質かもしれない」と捉えて慎重に観察する必要があります。

赤ちゃんでも大人でも、疲労や睡眠不足によっても、アレルギーとして症状が出現する時もあります。
こちらも予備知識として頭に入れていただきたい事です。

また、幼少時代はアレルギーが無かったのに、思春期頃から急に発症したというケースもあります。
逆に、赤ちゃん・幼少時代にはアレルギーだったのに、思春期頃には軽快・改善、治癒したというケースもあります。

アレルゲンを確実に把握するには、医療機関を受診して血液検査をしていただくのが確実です。
体質改善によって、以前は反応があったけど、今回は無かったという事もあるので、赤ちゃんの時・幼稚園の時、小学校の時等と少し成長されてから再度、検査する事も有効です。

いかがでしたでしょうか。
参考にしていただけますと、幸いです。

▼こちらの記事もおすすめ
離乳食期に『卵アレルギー発症』。でも、少しずつ前進!完治したママの体験談|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします