嫌がる赤ちゃんの鼻水をしっかり吸い取るには、どれを使う?吸い方も確認!

泣いている子供

風邪による防御反応やアレルギー反応により起こる症状の1つに鼻水や鼻づまりがあります。

赤ちゃんや小さな子供は、鼻腔が狭く鼻呼吸に不慣れなため、病気でなくとも鼻水が溜まりやすい構造をしています。

睡眠不足や食欲減退の原因になり兼ねない鼻水はとても不快な上、厄介な症状です。放っておくと中耳炎の原因になることも多いのです。

また、小さな我が子が苦しんでいる姿にどうにかしてあげたいと思っている親御さんも多いことでしょう。

そこで、手動から自動タイプまでさまざまある鼻水取り器の上手な活用法を分かりやすい動画を踏まえながら解説したいと思います。

スポイド式ってどう?

スポイト式の場合、密着させることでスムーズに鼻水を吸い上げます。しかし、幼い乳幼児は鼻水を吸引する間、じっと、大人しくしていることが出来ません。

そのため、スポイド式は赤ちゃんがじっとしていてくれること、威力が弱いので鼻水が少量のとき、位置付けた方がよいと思います。

動画でチェック!鼻水取り器の比較映像(口で吸引式とポンプ式の比較)

吸う姿勢が間違ってたかも!

泣きながら暴れる子どもに鼻水取り器をあてがうのは一苦労。

子どもの頭を大人の両脚の間に密着させるように置き、子どもの両手は大人の脚の下で軽く抑えるように固定して吸引するのが一番スムーズな方法です。

子どもは嫌がるかもしれませんが、長い時間、悪戦苦闘するよりも短時間で済ます方が効率が良く、鼻の粘膜を傷付けることなく安全に吸引できます。

こちらも鼻にしっかり密着して吸い上げてください。

動画でチェック!嫌がる子供をしっかり固定する姿勢

吸い方が違うかも!肺いっぱいに吸わずに、ダンキングで

丹平製薬から販売されている鼻水取り器は耳鼻科医が考案しているだけあって機能的です。

しかし、吸い方に少しコツが要るようです。呼吸に合わせて一気に吸い上げると鼻の粘膜を傷付ける恐れもありますし、結構な肺活量が必要です。

短くタンギングしながら「チュッ、チュッ」と吸い上げることで奥に溜まった鼻水まで取ることが出来ます。

場合によっては耳鼻科通いも必要ですが、しつこい鼻水は自宅ケアも大切です。鼻水で苦しそうにしている時は、小まめに吸い出して上げましょう。

電動鼻水吸引機、主な製品

電動鼻水吸引機は、耳鼻科で行う吸引のように強力に鼻水を吸ってくれますので、頼もしい存在です。しかし店頭でお試しというわけにはいかないので、動画で使っているところを探してみました。

スマイルキュート KS-500 ロングノズル付き

興伸工業
医療機器メーカーから販売されているポータブル吸引器、スマイルキュートは、小型でありながらも吸引力はパワースマイル同等ですので、安心してお使い頂けます。

家庭用にデザインをコンパクトに設計してあり、収納にも便利な上、お手入れも簡単です。

パワースマイル KS-700 鼻水吸引 20111011

新鋭工業
医療機器メーカーのポータブル吸引器、パワースマイルは家庭用鼻水取り器において口コミNo.1の高い評価を得ています。医療施設向けに作られており、医療機器としての承認も受けていることから吸引力も本格的。痰の吸引も可能です。プロも勧める信頼の逸品です。

ベビースマイル メルシーポットS-502

シースター株式会社
第9回キッズデザイン賞を受賞しているだけあり、デザイン性に優れた吸引器です。圧力計のメーターがないことで、吸引力を目視で確認出来ませんが、吸引力においては上記2点より優れています。シンプル、コンパクトなデザインは置き場所を選びません。

※同社から販売されている姉妹品にベビースマイルという製品があります。ベビースマイルはコードレスのコンパクトなポータブル吸引器です。メルシーポット同様にデザイン性に優れおり、持ち運びにも便利です。また、電動なので、口で吸うタイプとは違い安定した吸引力があり、衛生的です。ただ、赤ちゃん向けに優しく吸引できるよう設計されているため、医療施設並みの高い吸引力を求めている方にはお勧めできません。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします