6歳以下の子供の事故が多数発生…歯磨き中の事故をなくそう

子供の歯磨き

小さいうちからの歯磨きの習慣、しっかりつけてあげたいですね。

けれども、6歳以下の子どもの歯磨き中の事故が最近は増えてきていて、入院するほどの大けがをしてしまうこともあるようです。

歯磨きくらいで、事故に繋がるってどうゆうこと?とびっくりしてしまいますが、いま一度歯磨きの仕方についての見直しポイントをご紹介します。

どうして事故が起こるの?

歯磨きをしながら、うろうろと歩いたり、転倒したり、遊んだりしてしまうことが、事故の一番の原因です。

平成22年から平成28年の調査によると、歯ブラシで怪我をしたのは、1歳児の64件が最も多く、2歳児は42件、3歳児は17件でした。

歯磨きをしながら転倒してしまい、歯ブラシが喉に刺さってしまうケースが91件(1位)と最も多いです。

歩きながら歯を磨いていたために事故につながってしまったケースはもちろんですが、ソファに座って歯を磨いていたけれど、そこから転倒して刺さってしまうケース19件(2位)もあります。

また、親が離れた所で家事をしていると、歯磨きをしながら子どもが駆け寄って来て、親の背中にぶつかって歯ブラシが頬に刺さってしまったというケースもありました。

歯ブラシで怪我をしないために

小さなお子さんが歯磨き中にケガをしないように、消費者庁、独立行政法人国民生活センターによると、このような注意喚起を呼びかけています。

・歯磨きを子どもに任せず、歯磨き中は大人が近くで見守る。
・歯磨きをしながら動き回らず、座って歯磨きをさせる。
・喉突き防止カバー等の安全対策がされた歯ブラシを使うようにする。
・大人が使う、子どもの仕上げ磨き用の歯ブラシは子どもには使わせないようする。
・普段から、喉をつくおそれのある、箸やフォークを口に入れたまま立ち歩かないようにさせる。

のど突き防止 ぎゅっと乳歯ブラシ(税込:474円)

喉突き防止対策が施された商品の例です。歯ブラシを選ぶときは安全対策にも気をつけてあげたいですね。
☆キッズデザイン賞受賞アイテム

出典:アカチャンホンポ ネット通販

にこピカ 歯みがきシート ベビー 30包(474円)

お子さんが嫌がって暴れてヒヤヒヤ。そんな時はこんなシートが役に立ちそうです。赤ちゃんが寝てしまった時に使えるシートです。

出典:Amazon

仕様・価格などは原稿作成時のものです。

家族全員で安全対策を

忙しいパパやママは新聞を読みながら、テレビを観ながら、歩きながら、歯磨きをしていませんか?

子どもは小さいうちから、親が歯磨きをしている姿を見て、絵本で歯磨きの大切さを学び、親と一緒に歯磨きを実践しながら成長していきます。

大人は、“ながら磨き”をしているのに、子どもには「ダメ」と言っても納得してくれません。

歯磨きが自分でできるようになってきても油断せず、歯磨き中は親が近くで見守るようにして下さい。わずか数分で終わる歯磨きです。目を離してしまったために大事故になってしまったのでは悲し過ぎます。正しく安全な歯磨きを家族で実践してくださいね。

参考資料:消費者庁 子供の歯磨き中の喉突き事故などに気を付けましょう!-6歳以下の子供の事故が多数発生しています-[PDF形式](396KB)

Ad:不要になった化粧品は当店にお売りください☆開封済☆サンプル☆高価買取♪

▼こちらの記事もおすすめ
子どもの歯磨き何歳まで一日一回でいいの?乳児期の歯磨きは永久歯に影響する!子どもの歯磨きについて|子ある日和
歯科衛生士に聞いた、イヤイヤ期の子供の歯磨きの仕方|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします