煙は直径14メートル広がるというデータも。子供を受動喫煙から守ろう!

受動喫煙は、全ての人に影響がありますが、特に子どもが受ける健康被害は、大人以上に深刻です。

妊婦さんや、小さい子供がいる親御さんは、受動喫煙についての知識を持っておきましょう。

観光イメージだけの問題じゃない、オリンピックに向けた動きとは?

オリンピックと受動喫煙

2020年東京オリンピックに向けて、日本でも受動喫煙防止法について、検討をはじめました。受動喫煙防止法と、オリンピックにどのような関係があるのでしょうか?

観光イメージの問題だと思っている人も多いようですが、実は違います。

国際オリンピック委員会(IOC)とWHOは、タバコのないオリンピック大会を開催することで協定を結んでいるのです。

オリンピックはスポーツの祭典であるが、健康の祭典でもあるべき”という考えから、1988年冬季のカルガリー大会以降は、タバコフリー宣言をしているのです。

具体的には、

・オリンピック会場内は全面禁煙
・会場内でのタバコ販売禁止
・タバコ会社が大会や選手のスポンサーになることも禁止

となっています。

これに伴って、近年のオリンピック開催都市では、すべて受動喫煙防止法・条例が、新たに制定されてきました。日本も、これに倣おうというわけです。

日本の受動喫煙防止法

平成28年10月に厚生労働省から提出された“たたき台”では、

医療機関と小・中・高校は「敷地内禁煙」、官公庁や福祉施設、運動施設、大学は「建物内禁煙」、飲食店やオフィスなどは「原則建物内禁煙

として一定基準を満たす喫煙室設置を認める方針です。

この案は、近年のオリンピック開催地と比較するとかなり甘いものです。

しかし、一部の飲食店では喫煙を認めるべきという意見が、一部の政治家からあがっています(平成29年6月現在)

飲食店などでは、分煙で対策すればいいのでは?と考える人もいるかもしれませんね。でも、IOCもWHOも分煙は、受動喫煙防止にならないという指針を出しているのです。

どこまでが受動喫煙なの?

女の子

受動喫煙とは?

タバコの煙には,①喫煙者の吸入する煙(主流煙)②吐き出された煙③点火部から立ちのぼる煙(副流煙)と3種類あります。

受動喫煙(間接喫煙)は、このうち②と③を非喫煙者が吸ってしまうことをいいます。

副流煙には、強力な発癌(がん)物質であるN-ニトロソアミンなどの有害物質の含有率が主流煙よりも高く、問題になっています。

どこまでが受動喫煙か?

喫煙には三つの種類があります。

一次喫煙は、喫煙者がタバコの煙を自分の肺に取り込む喫煙です。
二次喫煙は、副流煙や喫煙者が吐き出した煙などを吸い込む二次的な喫煙。
三次喫煙は、受動喫煙が終わった後もまだ残る有害物質を吸入することです。

タバコの煙は衣服や壁などの表面に残ってしまうのです。

子供を受動喫煙から守るために

yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)によると、「子供や妊婦さんの喫煙・受動喫煙からの影響は、早産・低体重などの妊娠中や出産時のトラブルの他に、出生後の乳幼児突然死症候群や気管支ぜんそくなどの発症リスクが高まることが指摘されてきており、最近ではアトピー性皮膚炎にも関係していることが明らかになってきていること」が報じられています。

受動喫煙から子供や胎児を守る為にできることは、「受動喫煙の可能性がある空間に入らない」ことです。

「1人の喫煙者のタバコの煙は、無風状態では直径14メートル広がる」とされています。タバコの煙はマスクでは完全に防ぐことができません。空気清浄機も万能ではありません。残念ながら、個人での対策は限界があるのが現状なのです。

タバコの被害は、大人よりも子供の方が深刻です。

子供の方が、呼吸数が多く、呼吸器も未発達だからです。

保護者が、受動喫煙だけでなく、三次喫煙についても出来るだけ気をつけてあげましょう。

たばことアトピー性皮膚炎…妊娠中、赤ちゃんに影響 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

屋外における受動喫煙防止に関する日本禁煙学会の見解と提言

Ad:不要になった化粧品は当店にお売りください☆開封済☆サンプル☆高価買取♪

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします