感染症をこう防ぐ!3つの予防方法

3711-0

冬は風邪やインフルエンザ、夏でも、ヘルパンギーナやプール熱など保育園や幼稚園でもらってきたり、ショッピングセンターやスーパーなど、人が集まる場所にいくと感染症が心配ですね。

子供が風邪などの感染症をもらってくると、家族全員が調子が悪くなったりもしますので、注意が必要ですね。

そこで、今回は感染症を予防できる簡単な方法を紹介します。

是非参考にしてみてくださいね。

1.手洗いうがいをする

子供の手洗い

「手洗い」と「うがい」をすることだけで感染症の大半は予防できるそうです(かかりつけお医から言われて我が家で実践中です)。

家に帰ってきたら手洗いとうがいをするだけの予防法で、洗面所には石鹸のほか、うがい薬を用意しています。

外から帰ってきて、調子が悪いと思ったらうがい薬を使って予防をしていますが、そのためか風邪をひきにくくなりました。

定番中の定番ではあるものの、冬だけでなく夏も取り入れると感染症予防になります。

▼こちらの記事もおすすめ

2.二酸化塩素で室内除菌を

クレベリンゲル 150g
出典:Amazon

置いておくだけの簡単な予防方法があります。それがクレベリンゲル。

ドラッグストアに売っている商品で、二酸化塩素分子によってウイルスや菌を除去してくれる商品です。

ニオイも予防してくれるので子育て世代にとってはありがたい存在で、封を開けて置いておけばいいだけなのも楽ちん。

使い方は、キャップをとってゲルを容器に入れてキャップをして置いておくだけ。150gだと2ヶ月の効果があります。

値段が高いのが少し難点ですが、リビングとダイニングにそれぞれ1個ずつ置いています。

また、ドラッグストアでは個人用しか売っていませんが、インターネットでは業務用が安く購入できます。そのため、インターネットで他の製品を買うついでに業務用を注文しています。

Amazonで詳細/クチコミを見る


▼こちらの記事もおすすめ

3.アルコール除菌のクセづけを

手ピカジェル [指定医薬部外品] 300ml
出典:Amazon

一番よく利用しているのは、ショッピングセンターや図書館など公共機関にあるアルコール除菌です。

以前に比べると入口にアルコール除菌のスプレーを置くところが増えてきました。

持参したウェットティッシュを使って乗るベビー用のカートを拭いたり、子供の手にふきかけて手をこすりあわさせたりしています。

無料でできる予防法で、感染症が広がりやすいショッピングセンターに行く時は必ず実践します。

アルコール除菌は万能なようですが、ノロウィルスには有効ではないので注意が必要です

Amazonで詳細/クチコミを見る


▼こちらの記事もおすすめ

感染症は予防が第一!そしてたっぷりの睡眠と食事をとりたいものですね。

風邪やインフルエンザにかかるとお医者さんに行くのも大変ですし、家族がうつってしまう心配もあります。

神経質と言われても事前予防が大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします