働くママ必見!子供が熱を出た時のお仕事との両立

1.事前に病児保育所に登録
3147-1
まず、お仕事が決まり保育園へ入所したら必ず病児保育所に登録を済ませましょう。
病児保育所とは病気や回復直後にあずかってくれる保育所で、病院と併設されているところもあります。
通常の保育園では感染症だけでなく、37.5度以上の発熱では登園できないことになっています。
病児保育所は登録しておくと、例えば朝熱があった場合電話で予約すると空きがあれば病児保育園に預けられるので、どうしてもお仕事を休めない時などはとても心強いサービスです。
インフルエンザや胃腸炎でも預かってもらえる施設もありますよ。(ただし状況により預けられないばあいもありますが)

気を付けなければいけないのはたいていは17:30くらいまでしか預かってもらえないということ。
でも仕事を休むよりは良いですよね?
病児保育所は地域にもいくつかあると思うので、仕事の都合上なかなかお休みを頂けないというママは、念のため地域の全ての病児保育所に登録しましょう。

2.保育園との交渉
3147-2
保育園から呼び出しがかかったら、基本的にはすぐにお迎えに行く、、、ですが、
熱が少しあっても元気な時は沢山あります。基準が37.5度なだけなのです。
焦らず保育園に状況を伺います。

食欲もあり、昼寝もし、元気にニコニコでいる場合は、なるべく早くお迎えに行きます、大体○○時ごろに行きます。
と伝え、子供の状況が変わったらすぐに再度連絡をもらえるようにし、当日の小児科の予約と明日の病児保育所の予約を取り、仕事を続けます。

上司にはさりげなく保育園から呼び出された事を伝えましょう。
たいていは子供が元気な場合はその日は仕事を早退せず続け、定時で迎えに行き、翌日どうするかを考えます。
旦那さまや実家の両親などに預かってもらえるかなどの確認も迅速に取っておくこともおすすめします。

3.お迎えに行ってからの行動
3147-3
小児科に行って診察してもらう。
夕方遅くまであいている小児科を事前に調べ、念のため受診します。
翌日は熱が下がれば保育園へ、熱があればあまり高くなくても37・5度ちかければ念のため病児保育所へ預けることをおすすめします。
実家の両親が面倒を見てくれるのなら、お願いしましょう。
そして仕事に向かいましょう。

職場で子供のことで休むのは仕方がないことでしょう。
しかし、どうしても仕事を休めない場合。もあると思います。
そんなときは、すぐに休む、帰るのではなく、出来る限りの手段を尽くしましょう。
そうすれば、悪い印象を持たれず、職場の風当たりも良くなっていくはずです。

病児保育所だけでなく、感染症が治った後の数日も預かってもらえる病後児保育所もあります。
いざという時の為に是非登録だけでもしておくと安心ですね。


この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします