ママ友との付き合いは悩み知らず、秘訣はコレだけ!

子育てをしていく中で、ママ友との付き合いが息抜きになることや、ママ友だからこそ、子育ての悩みを相談できるということもありますよね。

色々な情報を教えてくれるのもママ友だったりするので、大切に付き合っていきたいと思う反面、ママ友との付き合いに悩む方も少なく無いと思います。

そんなママ友との付き合いにおける悩みが、心の持ちようで少し軽くなることがあります。中でも、“憶測を捨てる”というのは、オススメなので、ご紹介したいと思います。

『憶測の罠』を知れば、ママ友付き合いは怖くない!

落ち込む女性

多くの人は悩まなくても良いことで悩んでいることが多いことに気付いていますか?特に女性は女同士のグループにおける独特の雰囲気に疲れてしまうことがありますよね。

例えば、無料通話アプリでグループメッセージ連絡が回ってきても、忙しくてなかなかメッセージを見ることが出来なかったり、返事を書き込むことができなかったりした時、 “早く返事をしなきゃ、皆から嫌われるんじゃないかしら” と、何とも言えない気持ちになりませんか?

自分が見ていない間に、他の人達が盛り上がっているのを後から気付いたら、仲間外れにされた、と、疎外感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

けれども、それらは、憶測でしかないのです。しかも、マイナスな憶測です。この傾向は女性に多いと言われています。

憶測を事実であるかのように捉えてしまうことで、必要以上に疲れてしまうのです。

憶測からの悩みにはどう対処すれば良い?

ママ友

憶測で悩んでも、多くの方がそのまま放っておくのでは無いでしょうか。

時間が経てば、気持ちも落ち着くことが多いからです。けれども、同じようなことが何回か繰り返されてしまうと、楽しいはずのママ友との付き合いが悩みの種になってしまうことがあります。

そうならないために、不安に感じたり、嫌な気持ちを感じたりした憶測に対して、事実確認をするようにしましょう。

事実確認と言われると、大袈裟だと感じるかもしれませんが、憶測と事実は全く別のものなので、ハッキリさせることで、悩みが解消されることがあります

「皆の会話に乗り遅れてばかりだから、雰囲気悪くしてるかなぁ。つまらないことかもしれないけど、悩んじゃって」と正直に打ち明けてみましょう。

意外と忙しいことを皆が理解してくれているからこそ、変に返事を急かしたり、会話に乗り遅れることに嫌味を言ったりしていない可能性があります。

むしろ、周りが温かく見守ってくれている、という事実が隠れているかもしません。

まとめ

スマホを見る女性

女性は特にマイナスな憶測をする傾向にあります。

「今、余計なことを言っちゃったかな」「きっと私のことを無視してるんだわ」など、良くない方に考えてしまいがちですが、これらは憶測であり、事実ではありません。

少しでも不安に感じたり、悩んだりしたら、事実を確認することで、ママとのとの悩みは少し減るのでは無いでしょうか。


参考書籍

苦手な人が気にならなくなる本 戦わないコミュニケーション

山﨑洋実 (著)

苦手な人が気にならなくなる本
出典:Amazon

通信会社、金融機関、百貨店ほか大手企業セミナーで注目のメソッド。他人との付き合い方で悩むなんてもったいない!人間関係の悩みを解決するメソッドが満載!

Amazonで詳細/クチコミを見る

▼「苦手な人が気にならなくなる本」の著者 山﨑洋実さんの動画
怒りの原因、感情との付き合い方が分かってスッキリする講座の動画が笑える、泣ける、とってもおススメ。

【スマイルゼミ】資料請求でタブレット体験ブックプレゼント!

2・3・4・6歳から始める幼児のためのZ会【お試し教材無料プレゼント!】

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします