便利屋扱いされてた…。車の同乗にまつわるママ友トラブル

お子さんがいると、ちょっとしたお出かけに車があるととても便利ですね!

しかし、他のお子さんを車に乗せてあげていた方のちょっと悲しい体験談をご紹介したいと思います。また、車に乗せてもらったらどんなお礼が喜ばれるのか、調べてみました。

1c-min

「近所のお友達と通うことになった体操教室。

気づいたら行きも帰りも相手の親が来なくなり、頭にきました。

2c-min

便利屋扱いされてたんですね。」

――くりさんの体験談

相手の方がくりさんを最初から便利屋と思っていたとは考えたくないですが、後味の悪い出来事になってしまったようです。

子育て中は車があると便利ですが、現実には車を持っていないという方も多いですよね。

今回のくりさんのように、お友達を車に乗せてあげていると「乗せてもらえるのが当然」とばかりにマナーをわきまえないママも存在するようです。

育児中の車の利用について聞いてみました

「お礼の仕方が難しい」と思っている方も多いのではないでしょうか。

「ママ友が車を出してくれたので、お礼にと思い、菓子を持参しましたが、「そんな大げさなことをするなら誘わないわよ」と(冗談っぽくですが)言われたので、お礼を伝えるのは難しいものだと思いました」
メグさん

ママ友の車に乗せてもらうのは気を遣うのか、一念発起するママも。

「お友達に誘われたのをきっかけに数十年ペーパードライバーでしたが、練習して主人の車に乗りました。
今も運転はヒヤヒヤですが、自宅の車なのでちょっとこすってもいいやと思って運転しています。」
ポニーテールさん

一方、実際にお友達を載せてあげているというママさんは

「お礼をしてくれるなら、ちょっとした飲み物やお菓子が嬉しいです。逆にかしこまった菓子折は申し訳ないのでやめてほしいです。」
2児の母さん

「車にのせてあげたら、何かの機会に一緒にランチをしておごってくれたりしたらかなり嬉しいなと思います。」
さっちゃんさん

「基本的に好意で乗せている事が多いので、お礼だけ言ってもらえれば十分です。ガソリン代や駐車場代を頂いたこともありますが、いつも全額ではなく半額か半額よりちょっと少ない金額をいただくようにしています」
かもねぎさん

大げさで気を遣わせるお礼はNGですが、上手に感謝の気持ちを伝えるのがコツのようです。

(イラスト:おおやま みのり)

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします