忙しいママほど、コレを試してほしい

[こそだて体験談|忙しいママに試してみてほしいこと]
kosodate-mattari01-min

出産後の職場復帰後は、毎日が分刻みのスケジュールというママ、多いのではないでしょうか?

帰宅したらスグ食事の準備、子供にご飯を食べさせて、お風呂に入って、夕食後のキッチンを片付けて…本当に休むヒマもないですよね。

けれど、そんな時間の使い方を少し見直してみたママの体験談です。

子供を早く寝かせないと、と焦る毎日

私は、職場の上司が厳しい人で、最小の時間で最大の成果を上げることが求められていました。

子供を産んで職場復帰すると時短勤務になりますので、さらに「成果」「成果」と追い立てられるわけです。

そんな成果主義が体に染みついていたせいか、育児をしているときもつい、時間を効率的に使うことばかり考えていました。

何といっても、保育園の保護者会や、育児書には「子供は早く寝かせましょう」と指導されるし、「はやく」「無駄なく」「効率的に」と追い立てられるような毎日です。

5時に帰宅して、9時前にはベッドに寝かせたい。もし、寝かしつけをしながら寝落ちしてしまってもいいように、ある程度の家事と寝る準備も終わらせておきたい…と、こんな調子です。

親子でお茶?

kosodate-mattari03-min

そんな時、クラスでも朗らかで元気のいいママが「最近は帰宅したら、親子でお茶して、ホッとするのがマイブームなんだよね~」と教えてくれました。

その人は私より退社時間が早いので、最初は、我が家には当てはならないな~と思っていたのですが。

ちょうどそのころ、インターネットで「子供と5分でもいいから向き合って話を聞きましょう」という記事を読んで、「思い切って帰宅後は娘との時間をとろう」「あのママのように二人で温かいお茶を飲んでホッとする時間を作ろう」と思いました。

甘いものを買って、温かいお茶を用意して

kosodate-mattari04-min

甘いものを買って、温かいお茶を用意して、30分だけちょっとゆっくりしよう!と誘ってみました。

その時の子供の嬉しそうな様子と言ったら。

子供心にも「ママはいつも忙しい」と思っていたのでしょうね。

飲むのはほうじ茶や昆布茶のようにとにかくホッとするようなお茶がおススメです。

さて、気になるのは、ゆっくりしたぶん寝る時間が遅くなるのでは?という心配です。

でも不思議ですね。寝る時間はいつもと同じか少し早いくらいでした。ゆっくりした時間を意図的にとる方が、そのあとの時間は効率的に使えるようです。

(取材協力:あーちゃんママさん / イラスト:Nozomiさん)

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします