【育児マンガ】年子って!

イラストレーター赤星イモ子さんの二人育児日記を不定期で掲載します!

イモ子さんは自分の弟が生まれたとき、「赤ちゃん可愛くない!」とお母さんを驚かせたそうなのですが、大人になって姉+弟を産むことに…

娘さんは弟を可愛がってくれるでしょうか??

――流花が1才2か月のとき、理雄が産まれました。

私は弟が産まれたときに「赤ちゃん可愛くない!」と言い放ったらしく、子供の頃は「母親を取られた!弟ばかり優先して私は後回し!!」と感じていたので、流花も同じ思いをさせてしまわないか少し不安でした。

imokosan_01-01-min

しかし流花は初対面でも拗ねることなく、意地悪もせずに接してくれました。

お宮参りの頃には理雄が泣いてればトントンしたり、理雄のためにオムツやおしりふきを取ったり、お布団をかけたがったり…。私は何もしてないのに、最初から理雄のことを可愛がってくれました。

理雄が産まれて7ヶ月経った今ではお風呂の時に理雄の服のスナップを外してくれたり、かなり助かってます。

imokosan_01-02-min

一方、理雄の方はのんびり屋のようで、5ヶ月で寝返りが出来るようになってもあまり動かず…。 最近たまにコロコロ寝返りしたり足をバタバタしたり、やっと体を動かす気が出てきたかなーという程度です。

男の子なので、流花と違ってさぞかしパワフルなんだろう…と覚悟していただけに拍子抜けしたようなホッとしたような…。

imokosan_01-03-min

理雄は最近自我が芽生えてきて、手足も自分の意志で動かせるようになってきました。

お風呂で水をバシャバシャするのが楽しいらしく、自分で水しぶきを上げては笑っています。

そんな理雄を見て流花も一緒に水面を叩き2人が笑い合っているのを見ると、仲良くて良かったなー幸せだなーと思います。

profile : 赤星イモ子
しがないイラストレーター。1歳2ヶ月差の年子の子育てに奮闘中。

イモ子さんのtwitter @imokot

【スマイルゼミ】資料請求でタブレット体験ブックプレゼント!

2・3・4・6歳から始める幼児のためのZ会【お試し教材無料プレゼント!】

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします