【育児マンガ】年子って!みんな大好き!?離乳食

イラストレーター赤星イモ子さんの育児日記を掲載しています。

今回は、あわただしいご飯の時間での出来事です。


 

食事前は子供2人とも「お腹空いたー!まだー!?」と泣くことが多いので、自分一人で3人分(子供2人+自分)の準備をするのもついつい慌てがちです。
食事の流れは…
娘・流花のご飯を準備
⇒ 流花を席に座らせて食事開始
⇒ 流花は一人で食べられるので、次に息子・理雄の離乳食を準備→理雄に食べさせつつ隙を見て自分もご飯をかきこむ…という感じです。

そんな食事どきのある日、事件は起こりました…。

いつものように慌てて準備する私。
その日は、たまたま流花の近くに離乳食を置きました。
そして、これから理雄に食事食べさせるぞー!と意気込んで離乳食の方を見ると…

 

imokosan4_1

自分のご飯そっちのけで離乳食を半分ほど食べていた流花の姿が!!

 

imokosan4_2

幸い離乳食は冷凍でストックしていたのでレンジでさくっと温めて事なきを得ましたが、まさか2歳にもなって味付けゼロの離乳食をおいしそうに(?)食べるとは思っていなかったのでかなり驚きました。

 

imokosan4_3

後日、離乳食を作り置きしていたら目を離した隙に猫が茹でた魚を食べていました…。
うちの家族はみんな離乳食が好きみたいです…(・_・)

いかがでしたか?

離乳食の味が急に懐かしくなっちゃったんでしょうか!?

さらには猫まで…思いもよらない、とんだハプニングでしたね~

profile : 赤星イモ子
しがないイラストレーター。1歳2ヶ月差の年子の子育てに奮闘中。

イモ子さんのtwitter @imokot

【スマイルゼミ】資料請求でタブレット体験ブックプレゼント!

2・3・4・6歳から始める幼児のためのZ会【お試し教材無料プレゼント!】

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします