予定日まであと1週間。子宮口が開かない! その原因は? 

横たわる妊婦さん

出産を終えたばかりのお母さんに体験談を聞くと、よく耳にするのが「子宮口がなかなか開かず、大変だった」と言う声。
出産は、命がけの作業であると知りながらも、陣痛が始まればすんなりと生まれてくるのでは?と思っていたお母さんにとって、それは驚くべき事実でもあり、恐怖なのではないでしょうか?

「そもそも子宮口って?」
「いつ頃から開くものなの?」
「どうしたら開くの?」
「開かなかったらどうなるの?」

初産を目前とする妊婦さんにとって、出産は分からないことだらけ。
「子宮口」と言う言葉を1つにも、たくさんの疑問がわいてくることでしょう。

そこで今回は、出産でよく耳にする「子宮口」と言う言葉にフォーカスを当て、その働きについて解説したいと思います。

1. 子宮口とは?

眠る赤ちゃん

子宮口という言葉を調べると、
「子宮体部と子宮頚部の境界部位で、子宮側から見た膣への開口部」
と記されています。
子宮体部とは赤ちゃんが居る場所。

文章で読むと難しく考えてしまいますが、“子宮口”とは、子宮にいる赤ちゃんが誕生するための“扉”のようなイメージを持っていただくと分かりやすいでしょう。
赤ちゃんは、子宮口が開くことで、子宮から子宮頚部へと移動し、膣へと向かうことが出来るのです。

2. 子宮口はどうやったら開くの?

子宮頸管

それでは、子宮口はどうやったら開くのでしょうか?
まず子宮口の開き具合には個人差が大きくあると言えるでしょう。
一般的には、お産が近づくと子宮頚管が軟らかくなり、少しずつ赤ちゃんが下のほうに降りて来るとされており、この刺激で子宮口が開き始めるとしています。

しかし、中には子宮口が硬く、なかなか開かないと言う人。また反対に子宮口が柔らかく正産期前に子宮口が開いてしまい早産となる人など、様々です。

子宮口はお産の進行によって徐々に開いていきますが、最大で10センチ程度開くと言われています。
そして、この開き方は第1期(準備期・進行期・極期)、第2期、第3期の3段階に分けられています。

第1期(開口期)

第1期は、その中でも子宮口の開き方によって更に3段階に分けることが出来ます。

・準備期(子宮口0~3cm)
第1期を開口期と呼びますが、この間でも子宮口が0~3cmまで開く期間を準備期と呼びます。この準備期は個人差が大きく、数日~数週間掛かる人もいれば、2~6時間と言う人もいます。
陣痛が少しずつ始まり、徐々に規則的になってくる頃になります。

・進行期(子宮口4~7cm)
準備期が終り、子宮口が4~7cmまで開いていく時期を進行期と言います。
子宮の収縮が強まり、連続した陣痛が起きる頃にもなります。

・極期(子宮口8~10cm)
進行期が進み、子宮口が8~10cmまで開いていく時期を極期と言います。
子宮口が完全に開いた状態で分娩に移ることになります。
陣痛は1~3分間隔となり、強い痛みを感じます。

第2期(娩出期・子宮口前開)

子宮口が完全に開く時期を第2期とし、いよいよ分娩に移ります。
助産師さんの指示で、「いきみ」を始めます。

第3期(後産期)

出産後を第3期と呼びます。
胎盤が子宮の壁から剥がれ落ち出てくる時期です。

以上のように、子宮口の開きには個人差があること。またお産の状態によって開き方が異なることがお分かりになったかと思います。

3. 子宮口が開かなかった場合は?

妊婦さん

それでは、子宮口がなかなか開かない場合、どうしたら良いのでしょうか?
まず自分自身で行えることとして、スクワットや雑巾がけが挙げられます。
これは、出産の大先輩である自身のお母様などにも言われることでしょう。
足を広げて股関節を動かすことで、子宮口を刺激する効果があると言われています。

しかし、それでもなかなか子宮口が開かない場合、医師の判断で人工的に子宮を開かせることもあります。

・陣痛促進剤
錠剤や点滴により薬を投与し、陣痛を促進します。

・子宮頚管拡張器具
子宮の入り口を人工的に広げるための器具を使用します。
バルーンと呼ばれる風船のような器具を使用する病院が多いとされています。
器具を使用しても陣痛が起こらない場合は、更に陣痛促進剤を使用します。

4. まとめ

以上のように“子宮口”について解説いたしましたが如何でしたでしょうか?
特に初産は分からない事だらけで不安に思う方が多いことでしょう。
どれ位の痛みを伴うのか、自分の身体はどんな風になってしまうのか。考えるだけで恐ろしいと思う方もいらっしゃるかも知れません。
しかし出産は、長い年月お腹の中で成長した赤ちゃんとやっと出会える瞬間です。
是非、怖がらずにどんと構え、貴重な経験を心から味わっていただきたいと思います。

ad:[初回購入2,000円OFF] Amazonフレッシュ 生鮮食品・飲料・日用品をお届け

▼こちらの記事もおすすめ
赤ちゃんのためにみんなで頑張ろう!―子宮頸管が短めで安静指示だった私を励ましてくれた言葉|子ある日和
【必見!!】こんなにあるハイリスク妊娠!知って自分と赤ちゃんを守っていこう!|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします