0歳赤ちゃん向け!赤ちゃんが喜ぶ絵本とは??

絵本

将来本が好きな子になって欲しいというママだけでなく、子育ての一環として絵本の読み聞かせは推奨されています。

でも、本屋さんにはたくさんの絵本がありすぎて、どんなものを選べばいいか分からない…というママに向けて、今回は絵本の選び方を紹介したいと思います。

1.顔が分かりやすいもの

ニコちゃんマークのように、目と口がはっきりと分かるものを選びましょう。赤ちゃんは笑顔を見ると笑うように表情を読み取る力を持っています。なるべく笑っている絵が多く書かれたものがいいと思います。

くっついた

絵本を読みながらくっついた!とスキンシップをとる方も多いのではないでしょうか?やさしい色合いと展開でママも赤ちゃんも笑顔になれる絵本です。

くっついた | (Amazon)

2.色彩豊かなもの

色がたくさん使われていると赤ちゃんは興味を惹かれてじっと見つめます。日常にも色はたくさんありますが、絵本の独特の色とは違うので、頭にいい刺激になります。

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ)

赤ちゃんの目にはハッキリとした色彩の絵本が向いているといわれます。色やかたちが楽しめる人気のシリーズ本です。

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ) | (Amazon)

3.単純な言葉がかかれているもの

ママとしては、絵本だから物語になっている方がいいのかな、と思うかもしれません。しかし、赤ちゃんは物語は分かりません。なので、赤ちゃんが好きそうな単純な音がたくさん書かれている絵本を選ぶと良いでしょう。また、ママが読み聞かせをするときに、音に強弱がつけられるものが分かりやすくていいと思います。

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

大人には不思議?とも思える短い言葉と鮮やかな色に、赤ちゃんも夢中になってくれるかも。

もこもこもこ| (Amazon)

4.厚紙でできた絵本

赤ちゃんからしたら絵本もおもちゃの一種です。薄い紙のものだとビリビリ破いてしまったり、舐めてベロベロにしてしまう可能性が高いです。せっかく新品で買ったのに、その日のうちにそんな状態になってしまったら、ママ自身が凹んでしまうと思います。なので、厚紙でできた絵本がオススメです。厚紙ならば置きっぱなしにして、噛まれてもへっちゃらです。むしろ、一人でページをめくって絵を楽しんでいる姿さえ見れると思います。手に触れるということで赤ちゃん自体が絵本に親しみを持てると思うのでぜひ厚紙でできた絵本を買ってあげてください。

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

あかちゃんの本と聞いて真っ先にこの本を思い浮かべる方もおおいでしょう。ブックスタート事業で自治体からプレゼントされることもあります。同じシリーズもありますので図書館や書店でぜひ探してみてください!

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん) | (Amazon)

5.触って楽しめる絵本

全て触って楽しめるような絵本にしなくてもいいと思いますが、何冊かは触って赤ちゃんが楽しめる絵本を用意すると、赤ちゃん自体も楽しいと思います。感触の違いや穴に指を通したりすることで、本に対して興味を持つことができるはずです。
ふわふわだあれ? (NEWぴよちゃんとあそぼ!)

心地の良いフワフワの布地を実際に触って遊べる絵本です。ひよこちゃんの明るい色合いに赤ちゃんもママもほっこり和みます。

ふわふわだあれ? |(Amazon)


いかがでしたか?
いくら口コミで評価が高くても、ママ自身が好きになれなければ読み聞かせをする意欲がおきなくなり買っても意味がありません。これらのアドバイスを参考にして、お気に入りの一冊を見つけてみてはいかがでしょうか。ママが気に入った絵本ならば、きっと赤ちゃんも気に入るはずです。是非参考にしてみてくださいね。

関連ワード:,

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします