子どもにシールを貼られてしまったとき。シールはがしに使えるアイテム2種

子どもにシールを貼られてしまったとき。シールはがしに使えるアイテム2種

子どもはシールが大好きですよね。

静かに遊んでくれるのはいいのですが、家のあちらこちらにシールを貼られてしまい、困っているママやパパも多いのではないでしょうか?

上の写真はわが家の食卓用子どもイス。シールだらけで大変なことになっています。

子どもたちが小さい頃、あちこちにシールを貼られないように、
「ほかの家具には貼っちゃダメだけど、このイスだけはいいよ」
と許可をしたもの。

それにしても、シールだらけでみっともないですよね……。

1 シールをはがすのに便利なアイテム2種

シールははがすのも大変ですし、はがしたあとのベタベタがなかなか取り除けなくて困ってしまいますよね。

そんなシールのベタベタをきれいに取り除くアイテムがこちら。

子どもにシールを貼られてしまったとき。シールはがしに使えるアイテム2種

・サラダ油(ベビーオイルなどでもOK)
・エタノール(無水エタノールでも消毒用アルコールでもOK)

このふたつを使えば、シールをはがしたあとのベタベタを取り除くことができますよ。

2 水を使って洗い流せるものには「サラダ油」

プラスチックなど、水で洗うことができるもののシール跡には、サラダ油を使います。

やり方は簡単。
シール跡に油を塗りつけ、手でよくこすります。
あとは、食器用洗剤を使って油をきれいに洗い流すだけ。

子どもにシールを貼られてしまったとき。シールはがしに使えるアイテム2種

水や洗剤だけでは落とせなかったシールのベタベタが、きれいになくなりました。
シール跡はもちろん、値札やラベルをきれいにはがしたい時にも便利な方法です。

髪の毛にガムがついてしまった時も、油を塗ってからシャンプーをすると、きれいに取り除けますよ。

3 水で流せないものには「エタノール」

家具など、水で洗うことができないものには、「エタノール」を使ってみましょう。

まずは、定規などを使って、シールをざっと取り除きます。

子どもにシールを貼られてしまったとき。シールはがしに使えるアイテム2種

シール自体ははがせましたが、ベタベタや手垢が残ったままです。

子どもにシールを貼られてしまったとき。シールはがしに使えるアイテム2種

ウエスやティッシュにエタノールをしみこませ、シール跡を拭きます。
無水エタノールでもいいですし、手指用の消毒用アルコールでも大丈夫です。

子どもにシールを貼られてしまったとき。シールはがしに使えるアイテム2種

右がBefore、左がAfterです。
シール跡も手垢の汚れもすっきりと取り除くことができました。
それほど力を入れなくても、軽くこするだけでここまできれいになりますよ。

ただし、エタノールを使う方法には、ひとつ注意点があります。
ニスやラッカー仕上げの家具は、エタノールと相性が悪い場合も。
エタノールが塗装を溶かしてしまい、白っぽく変色してしまうことがあるのです。

ご自宅の家具がどんな塗装か分からない場合は、まず目立たない場所で試してから、エタノールを使ってみてくださいね。

4 まとめ

あちこちにシールを貼られてしまうと、ついイライラしてしまいます。

でも、簡単にシールをはがすことができれば、少しはおおらかな気持ちでシール遊びをみまもることができそうですよね。

油とエタノール(アルコール)を使った簡単なシールはがし方法。
ぜひ、試してみてくださいね。

(原稿/写真:マノヒロミ)

マノヒロミLog

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします