子供との遊び、手加減しますか?わざと負けてあげるのは〇〇までが73%

kosodate-vote-shoubu2-min

子供の遊びには勝負が付き物ですね。オセロにトランプ…身近なところではじゃんけんなど。

お子さんと遊んであげるときの手加減に迷うことはありませんか?負けてあげて自信をつけさせるのか?真剣勝負で当たるのか…?

今日は子育てママにどうしているのか、それぞれの方針などもお聞きしました。

お子さんとの遊び(オセロなど)負けてあげていますか?

image002

3歳~小学生の子さんのいるママへのアンケートによると、お子さんとの遊び(オセロなど)負けてあげていますか?という質問に対して、未就学児では「負けてあげた(負けてあげるのがいいと思う)」が過半数となり、小学校入学を期に「手抜きしないで勝ちに行く」が優勢となりました。

子供と遊ぶ時のルールはそれぞれ

kosodate-vote-shoubu1-min

ルールを理解するまでは手加減

――じゃんけんを覚えたてのとき、最初はわざと負けてあげてたけど、途中でルールを知ってからは逆に真剣勝負にしたらそっちのが喜んで、心の成長を感じました。
すずきさん

勝ちと負けを交互に

――勝ちっぱなし、負けっぱなしの対応はしません。勝ったり負けたりして、嬉しい気持ちや悔しい気持ちを体験できるようにしています。
たっしーさん

ギリギリの所で勝つ

――手抜きしないで勝ちに行くのではなく、ギリギリの所で勝つようにしています。
rukuryさん

負けを認めることの大事さも教えたい

――うちの子ども(特に上の子)はじゃんけんでも負けると大泣きしてなかなか収拾がつかなくなるので、泣かれるのが面倒でわざと負けてあげていました。

でも、幼稚園のお友達と遊んでいるとき、勝負のつく遊びで負けるとふて腐れたり、遊びの輪からすっと抜けてしまうことに気付き、わざと負けてあげ続けるのも子どもにとって良くないかなと思うようになりました。

幼稚園の間は純粋に勝った時の喜びを感じさせてあげたいと思いますが、これからは勝負ごとでは勝てないこともあるということ、負けを認められることの大事さも教えていかなければと思っています。
杏凛さん

――悔しい思いをした方が勝ちたいといえ気持ちが強くなり、真剣に取り組むので勝ちにいきます。小さい頃は負けて大泣きでしたが、最近では子供が強くなり、私が負けることが増えました。
まーさん

kosodate-vote-shoubu3-min

子供の性格にもよる

――性格やタイプにもよるかなと思う。勝つ事にこだわり過ぎているなら、負けても大丈夫な事を教える様にしています。
もんちさん

一番大事なことは

――負けてあげる、勝ちに行く、どちらにしても子どもと親が楽しんで遊べることが一番大事なことだと思います。
ねぎねぎさん

(イラスト:Nozomiさん)

アンケート結果は他メディア様でもご利用いただけます(「子ある日和」からの引用とご明記ください)。事前・事後は問いませんので「お問合せ」からお知らせいただけますと幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします