cfsの日々を描いたマンガ「あきらめちゃダメ!」というストーリーが他人ごとではなく、気づかされる…

ツイッターやnoteで発表されたcfs(慢性疲労症候群)の日々をつづったマンガ、「あきらめちゃダメ!」というストーリー、読んだ瞬間にドキッとしてしまいました

まず1コマ目は

よく「あきらめちゃだめだよ!!」とおっしゃるかたがおられます…


「あきらめちゃダメ!」ゆらりさん作より

「あきらめちゃダメ!」…確かに普段からよく耳にするし、口にする言葉ではないでしょうか?自分に対しても、子供に対しても言ってるな…と思います。

そして2コマ目、

picture_pc_796f99b30aafc662fa23e112031e615c2_03-min
「あきらめちゃダメ!」ゆらりさん作より

でも慢性疾患の治療はあきらめるところから始まります。

-今まで通り仕事続けたい!!
-家事も!!
-友達付き合いも!!
-全部諦めたくない!!

これではどんどん悪化していきます。

あれもこれもやりたい、家事も、育児も、女磨きも全部!そんなママさんは多いのではないでしょうか。

描かれたクマさんも荷物を抱え込んで今にも倒れそうです!

とても他人ごとではないと感じてしまいます。

そして3コマ目…

現実的にできることとできないことを見極め、できないことをあきらめる、できることを大切にする

picture_pc_796f99b30aafc662fa23e112031e615c3_03-min
「あきらめちゃダメ!」ゆらりさん作より

ゆらりさんのマンガは慢性疲労症候群を周囲の人に知ってほしいと書かれたマンガです。しかし、どの人にも当てはまる部分もあるのではないか、と考えさせられます。

とても難しいことですが、できないことは出来ないと見極めることが大切、とゆらりさんのマンガが教えてくれているように思います。

picture_pc_796f99b30aafc662fa23e112031e615c4_03-min
「あきらめちゃダメ!」ゆらりさん作より

慢性疲労症候群について

マンガを公開したゆらりさんは自己紹介で「#cfs( #慢性疲労症候群)や #mcs( #化学物質過敏症)を持つ身体 #障害者です❁*.。この病気について少しでも知って頂けたらとマンガを書いてます。」とつづっていらっしゃいます。

では、慢性疲労症候群とはどのような病気なのでしょうか。

本来「疲労」は体に休息をとるよう脳に警告するシグナルなのですが、シグナルとして過剰に働くことにより身体が激しく疲労する症状が続くものです。疲労が蓄積された慢性疲労と似ていますが、別のものなのだそうです。

また、うつ病・神経症・更年期障害・自律神経失調症等に誤診されやすいそうで、日本では約36万人がCFSを罹患していると推定されています。

20代から50代に発症するケースが多く、患者全体のうち女性が6~7割程度を占めます。

症状は疲労感、筋肉痛や関節痛(発赤や腫れがなく、移動性)、頭痛、リンパ節の痛み、などがあげられます。

この病気が知られることで、思い当たる症状がある人が良い治療にたどり着けたり、または慢性疲労症候群の方への理解が広まるといいですね。

オリジナルサイト:あきらめちゃダメ!|ゆらり|note

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします